芸能

渡部陽一の現在とは?!テレビに出なくなった理由がこちら…。

独特な喋り方と低い物腰で2010年ごろに大ブレークした戦場カメラマンの渡部陽一さん。

最近めっきりテレビに出演しなくなってしまいましたが、どうしてでしょうか?

また、現在の姿がこちら。

戦場カメラマンの渡辺陽一とは?!

渡辺陽一 現在

<出典:livedoornews

戦場カメラマンの渡辺陽一さんは、
2010年頃からゆっくりとした丁寧な話し方とまったりしたキャラでブレイクしました。

戦場カメラマンとしての経験を活かしたトーク内容や視点がお茶の間にヒットし、
様々なバラエティ番組から引っ張りだこでしたね。

そんな渡辺陽一さんの経歴がこちら。

静岡県富士市出身、1972年生まれ。
明治学院大学法学部卒業

大学時代には弁護士や検察官等、法律に関わる仕事を目指していたが、
アフリカの狩猟民族に興味を持ったのがきっかけで、ルワンダ紛争の最中だったコンゴ共和国へ行く。

そこでルワンダの少年兵に襲撃されたことがきっかけで、
そのような子供がいることなどを知らせるために戦場カメラマンになることを決意した。

大学を留年しながらも卒業し、戦場専門のカメラマンへ。
ルワンダ紛争、コソボ紛争、ソマリア内戦、イラク戦争など、130か国以上の地域を取材。

2009年に一般女性と結婚。
2010年に第1子誕生。

 

しかし、最近はメディアに姿を現さなくなりました。
まったく露出をしなくなったので、その静けさから一時期は渡辺陽一さんの死亡説が流れたくらいです。

そんな渡辺さんですが、現在はいったいどこで何をしているのでしょうか?

 

渡辺陽一の現在

渡辺陽一 現在
<出典:おみ村長ブログ

現在の渡部陽一さんはもちろん戦場カメラマンとして活躍中しているそうです。
また、講演活動も行っており、これがものすごい人気でチケットは常に完売状態だそう。

公式サイトを見ると、テレビ出演をやめた2014年あたりから、
毎月のようにトルコやウクライナ、タイ、アメリカ等、
平和と思われている国の中の危険な場所に取材に行っていることがわかります。

そして、驚くことに渡辺陽一さんのツイッターはフォロワーがなんと100万人近くもいて、
メディア露出がなくなってもいまだにその人気は健在のようです。

そんな現在も大人気の渡辺さんですが、一体どうしてテレビに戻ってこないのでしょうか?

そこには渡辺さんがテレビに出演していた「ある理由」が関係しているようです。

 

渡辺陽一がテレビ出演していた理由とは

渡部陽一さんは2009年に放送されたTBSの「1億3000万人の法則」で、
戦場カメラマンの仕事についてのインタビューを受け、そこから注目されはじめました。

翌年には皆さんご存知の通り「笑っていいとも!増刊号」でレギュラーになり、大ブレーク。

渡辺陽一 現在
<出典:渡辺陽一まとめ

そんな渡辺さんですが、驚くことに最初はテレビ出演いついて全く考えていなかったようです。

渡部陽一さんががテレビに出演するようになった一番の理由は、
「世界の戦場が悲惨であることを知ってもらうため」でした。

渡部さんは、世界では悲惨な戦争が毎日起こっていることを、
より多くの人たちに知ってもらうためにテレビに出演して行ったそうです。

そして渡辺陽一さんのあの独特な喋り方ですが、
戦場の臨場感や悲惨さといった状況をよりリアルに伝えるための手段だそうで、
もともとは普通の喋り方のようです。

 

渡部陽一がテレビに出なくなった理由とは?!

そんな喋り方がウケてブレークした渡辺さんですが、
テレビ出演するたびにバラエティの色が段々と強くなっていってしまいました。

渡部陽一さんはあくまでも『テレビに出ることで、日本に戦場の悲惨さや命の大切さを知ってもらいたい』という目的だったので、
徐々にバラエティ番組の出演を抑えるようになったそうです。

渡辺さんの真意は常にそこにあり、
ブレークしてもまったくブレないところが素晴らしいですね。

そして渡辺さんは戦場カメラマンとしての活動を再開し始めたようです。

 

また、渡辺陽一さんはメディア出演を拒否しているわけではなく、
依頼があれば出演するけれど、本業や講演会でスケジュールがいっぱいでメディア出演できないといわれています。

いまもなお、自分の信念は曲げずに最前線で活躍している姿は敬服に値しますね!!