芸能

HKT48田中美久「韓国人差別するやつは出ていけ」発言にネットが炎上

田中美久

HKT48の田中美久さんが動画配信中に嫌韓コメントに対し、
「韓国人差別するやつは出ていけ」と発言。

それに対してネットは炎上してしまいました。

詳細はこちら。

田中美久が嫌韓コメントを一蹴

HKT48所属の田中美久さんは6月に行われたAKB世界選抜選挙にて10位にランクイン。

そんな彼女が8月28日に動画配信サイト「SHOWROOM」にて動画のライブ配信をしていた際に、嫌韓コメントに対して発言したことが話題になっています。

ライブ配信サイト「SHOWROOM」では韓国のケーブルテレビで放送されているオーディション番組とAKB48グループがコラボをした番組「PRODUCE48」を放送中。
日韓含め大勢のファンが見守る中、田中さんの動画内での発言が波紋を呼んだのです。

田中さんの出演していた番組「PRODUCE48」は韓国のファンも見ているので、当然動画内ではハングル文字のコメントも多く表示されていました。
そのコメントに対し、一部の嫌韓の日本人ファンが「韓国人は氏・ね」「キモい」などの文章を投稿。

田中さんはそんなコメントに対して、最初は見てみぬフリをしていたものの、嫌韓コメントは次第に増えていきました。
そのような状況が許せなくなったのか、以下のように発言。

「もう本当に○○さん(嫌韓コメントをしていたユーザーを名指しして)、ウザい。キミ、うるさいです。
私のファンのことを書かないでください。韓国の方のことをバカにしないでください。

もう本当出て行ってください。ウザい。私のファンの人は素敵な人ばかりなんですから止めてください。悲しくなっちゃう。」

「いつもは無視しているけれど、さすがに不快になるというか。

ファンの人のことを行ってくるのはさすがにヤバいでしょ。韓国の人に伝わってなかったらいいな。」

かなり高圧的な嫌韓コメントに対して潔く止めるように発言した田中さんの言動に、
多くのファンからは「イケメンすぎる」「さすが芯があるね」と賞賛の声が。

田中美久のコメントにネットは大荒れ

たった16歳の少女がヘイトスピーチの醜さについて語った姿に多くの人は感銘を受けていたようです。
しかし、案の定ネットはこの発言で荒れてしまったようです。

田中美久さんが勇気のある発言をしたのにも関わらず、ネットではこの発言に対し以下のようなコメントが見られました。

「この人は本当の朝鮮人を知らないんだろう。だからそんな発言が出来る。」

「こんな発言は日本から出て行っていうべき」

「動画内で言うべきことじゃない。影響のある芸能人はスルーしろよ」

「日本人を差別する人は日本から出て行かなくていいのかよ」

「仲良くしろとは言わずに出て行けって言うのは違うと思う」

田中さんを擁護する声はもちろんあるものの、
多くは韓国を擁護する田中さんに対しての批判が集まっていました。

韓国企業ともコラボレーションをするようになったAKB48の運営。
今後もこのようなファン同士の問題も増えてくる流れとなりそうです。

そんな時に、当事者のアイドルがどのような対応をするべきなのでしょうか。
運営側はその流れまで把握しておくべきかもしれませんね。

関連記事
韓国人大学教授が「JAL機内食に旭日旗が!」と大批判!実は猛クレーマーだったことが判明。