お役立ち

肉割れ線・妊娠線を消す方法3選をご紹介!気になる方はやってみて!

肉割れ線・妊娠線を消す方法3選をご紹介!

女性はもちろん、男性でも気になる方が多い肉割れ線や妊娠線。

ストレッチマークとも言われる、白くひび割れた線。

水着になったりすると目立つのでどうしても消したい!という方は多いはず。

今回はそんな肉割れ線・妊娠線を消す方法3選をご紹介!気になる方は試してみてくださいね!

 

どうして肉割れ線・妊娠線の原因とは?

肉割れ線・妊娠線を消す方法3選をご紹介!

肉割れ線は成長期の急激な身体の変化や、急激な体重の増減によって出来てしまいます。

妊娠線もお腹が大きくなり、皮膚が伸びる過程で出来てしまうそう。

皮膚の伸びるスピードに皮下組織がついていけずに断裂を起こしてしまうんですね。

その断裂を起こした部分だけ固くなり、跡のようになってしまうのです。

 

通常は白い線ですが、人によっては赤みがある方も。

下着や水着になると目立つことが多いので、どうしても治したいという方が多いと思います。

そんな方は以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

肉割れ線・妊娠線を消す方法3選

 

①コラーゲンの摂取

コラーゲンの摂取は肉割れ線や妊娠線に大変効果的だと言われています。

なぜならコラーゲンは皮膚のコンディションを内側から高め、肉割れが起こりにくい状態にしてくれるから。

対策として葉酸や鉄分等、妊娠期に多く必要な栄養素と同時にサプリなどで摂取するといいでしょう。

 

②レーザー治療

白い線となってしまった肉割れ線・妊娠線には美容外科のレーザー治療が最も有効な対処法です。

体質・体調によってはレーザーが合わないということがありますが、

どうしても消したいというかたは一度クリニックで相談してみてください。

 

③肉割れ専用クリーム・オイルを塗る

皮膚を十分に保湿することは、肉割れ線にもいいですし、これからできるかもしれない肉割れ線の予防にもなります。

予防用でしたら、ドラッグストアやインターネットで肉割れ線用のクリームやオイルが販売されているので、是非活用してみてください。

 

 

おまけ・筆者の妊娠線・肉割れ線が消えた方法

こちらは余談になるのですが、筆者の妊娠線・お尻から太ももにかけてあった肉割れ線が消えた方法をご紹介します。(あくまでも個人の経験なので参考程度にお願い致します。)

 

当時、筆者は太ももの裏のセルライト&肉割れ線がすごかったんです…。冷え性で運動もしないのでボッコボコの状態でした。また、出産時に出来た妊娠線もおなかにがっつり入ってしまいました。

そこで、その肉割れ線と妊娠線をとりたいがために、エステに通ったり、ドラッグストアで肉割れ線用のオイルを探してみたり…。

 

しかし、エステはかなり痛みとお金が伴いますし、市販の肉割れ線用オイルも半年続けましたが一向に憎き妊娠線・肉割れ線は消えてくれなかったんですよね…。

そもそも、市販されている多くの肉割れ・妊娠線用のオイルやクリームはあくまでも予防目的であり、既にできた線を消してはくれないんです…。

 

やはり、肌の表面上に出来た線は傷のようにざっくり刻まれており、なかなか治りにくく諦めかけていました。

 

 

しかし、ネットでたまたま見つけた「ノコア」のクリームの口コミを読むと「肉割れ線が消えた」「肌が柔らかくなり妊娠線が薄くなった」との声が。

 

キャンペーンで安くなっていたので藁にも縋る思いで使用してみると、肌がしっとり柔らかくなってきたのを感じました。

 

「これは…いける!!」そう思って、2か月間は無心で塗りたくりました笑
すると、気になっていた太もも裏の肉割れ線と妊娠線がかなり薄くなってきたんです!

 

まだまだ完全には消えていないものの、4か月経った現在、かなり目立たなくなっており、塗り続ければ消えそうな勢いです笑

予防ケアはクリームだけで十分効果がありますが、既にできちゃった肉割れ線・妊娠線でしたらオイルとのセットをおすすめします。

ノコアの詳細はこちら

>>ノコアの公式ページ<<

今ならオイルが無料なので、妊娠線・肉割れ線でお悩みの方は是非試してみてはいかがでしょうか♪