エンタメ

スヌーピーの哲学から人生が学べる!ピーナッツ名言まとめ集

スヌーピー哲学

可愛いルックスで世界中の人々から愛されている「スヌーピー」。

スヌーピーが出てくるのは「ピーナッツ」というコミックなのですが、
登場人物たちの名言が哲学的で人生が学べると話題に。

今回はそんな「スヌーピーの哲学的名言」をまとめてみました

スヌーピーの名言が哲学的!

スヌーピー 名言
長い耳がチャーミングで世界中から愛されているスヌーピー。

元々は「ピーナッツ」というアメリカ出身の漫画家・チャールズ・モンロー・シュルツさんの作品です。

スヌーピーはビーグル犬で、チャーリー・ブラウンという男の子が飼い主。
黄色い鳥のウッドストックと大の仲良し。

その他にも漫画「ピーナツ」には様々なキャラクターが登場し、
スヌーピー達を中心とした、日常のコミカルなひとコマを描いている作品です。

そんなほっこりしたコミックですが、
実は「ピーナツ」の登場人物が発する言葉には名言が多く哲学的だと話題になっております。

登場人物ごとに名言をまとめて紹介したいと思います。

是非、日常生活の参考にしてみて下さいね!

スヌーピーの名言

スヌーピー哲学

スヌーピーはチャーリー・ブラウンの飼い犬のビーグル犬。
性格は外見とは裏腹に、実は自分が大好きでちょっとナルシストな性格なんです。

飼い主のチャーリーとの絆はとっても深いのに、
未だにチャーリーの名前は覚えておらず、「丸頭の男の子」と呼んでいます笑

チャーリーに飼われる前は、ライラという女の子に飼われていたこともあります。

そんなスヌーピーの発する言葉はいたってシンプル。

シンプルだけれども的を射た発言がとっても胸に来ます。

「ぼくが言いたいのはこの惑星上の生命がある日消滅する可能性があるってことさ…」

「また時には、余りにもバカなことをしでかして、我ながら唖然とするんだ!」

「自分の友達は自分で選ぶんだ」

「行かないで!お願いだからおいてきぼりにしないで!」

「人間て恋に落ちるものなんだ、分かる?で、恋に落ちると、世界がまったく違って見える!空はより青く…草はより緑にそして鳥たちの歌はより甘くなる…」

「海図にない海を帆走するには勇気が要るね……」

<img src="https://wadaii.com/wp-content/uploads/2018/05/2018-01-13_212926.png" alt="スヌーピー哲学" width="285" height="313" class="alignnone size-full wp-image-1213" />

「長編小説のすごいアイディアがあるっていうのに、いい題名はみんな使われちゃってる」

「同じこと考えても、夜中の3時と翌日の昼じゃ答えがちがってくるな」

「恋する者は、嘘をつくもんだよ!」

「きのうから学び、今日に生き、明日に期待する。今日の午後は休もう」

「あらゆることに勝たなきゃいけない誰かさんは気の毒だね!」

「いとしの君よ、どんなに君を愛しているか言葉では伝えられない。だからやめとこう」

チャーリー・ブラウン「人生食べること以外についても考えようとしなきゃダメだよ」
スヌーピー「そのとおりさ。眠ることも非常に大切だね」

「恋ってのはただ考えるだけでも災いのもとになりかねないね」

哲学的でちょっとウィットに富んだ発言が特徴的なスヌーピー。

こういう犬は我が家に1匹欲しいですね笑

チャーリー・ブラウンの名言

スヌーピー哲学

チャーリー・ブラウンは「ピーナツ」の主人公の男の子。
主人公はスヌーピーではないんですよ!

チャーリーはさえなくて不器用。でもお人好しで周りの人間にとっても優しい性格。

全く特徴のない人物だと言われますが、実は暗記が得意で大会に優勝することも。

そんなチャーリーの名言は温かみに溢れています。

「これ以上望むことがあるかい?顔に暖かい日差しを浴び…自分の犬をひざに…文句のつけようのない満足だ…」

「もっと人に好かれたいなあ…少しの人にでもいいから好かれたいなあ…たったひとりにでもいいから好かれたいなあ…」

「多くの人に少しづつ好かれているのと、一人に深く愛されること、どちらを取りますか?」

「何もかも決定しなきゃならない立場なんて嫌なものだ!」

スヌーピー哲学

「気が滅入ってる時はほおづえをつくといい……腕は役に立つのが嬉しいんだ……」

「自分以外の人間になりたいと願いながら、人生を送るのは耐え難い」

「眠る前に、自分に起こったすばらしいことを思い起こすのもいいもんだね……」

「来週の予定を確認したいんだ。心配しなきゃいけないことがあるかどうか知っときたいのさ」

「生きていくうえで、不愉快を避けようとするのは間違ってるよ」

不器用ながらも一生懸命人生について考えるチャーリー。
共感できる点がいっぱいありますね。

ルーシーの名言

ルーシーは強気で、いつも何かと斜に構えている女の子。
ライナスのお姉さんでもあります。

とてもいたずらっ子であり、「プレース・キック」という、ルーシーが押さえているアメフト用のボールを
チャーリーが蹴ろうとすると、直前にルーシーがボールを取り上げてしまい、チャーリーが派手に転ぶというものは、ピーナッツの世界ではお約束。

チャーリーをいじる役ですね笑

そんな彼女の名言はきっぱりはっきりと、世の中を一刀両断するものが多く、
思わず八ッとさせられるものが多いです。

スヌーピー哲学

「そんなの証明できないでしょ! 証明できないことは言うもんじゃないわ!」

「子供からの電話以上に、母の日にお母さんを喜ばせるものはないって書いてあるわ」

「洗練された人たちっていうのは、人前ではものを食べないものなのよ」

「時々の小さな悲劇は人をよりよくするものよ!人間は苦しむために生まれてきてるのよ!」

「サンタクロースに手紙書いてるの?やめなさい、リラン!あの爺さんは手紙をみんな読むひまなんてないわよ」

スヌーピー哲学

「来年が今年よりよくなるなんて考えてる人はみんなどうかしてるわ!」

「ここで私たちが問題にしてるのは、コミュニケーションなの。必ずしも言葉じゃないのよ…ときにはボディ・ランゲージが言葉よりも役に立つわ…」

「あなた広い世界に住んでるのよ!美しいことがいっぱいあるじゃない!
なすべきこともめざすべき大きな目的もあるじゃない!誰もひとりぼっちじゃないはずよ!」

「私の人生よ、したいことはするわ! 私は私よ! 私の人生よ、それを生きるのは私よ!! ちょっとした手助けはいるけど」




ペパーミントパティの名言

スヌーピー哲学

ペパーミントパティは勉強が大の苦手!
しかしスポーツ万能な少しボーイッシュな女の子。

実はチャーリーのことが好きで、彼女だけは「チャック」という愛称で呼んでいます。

彼女の発言はどこか現実的で、思わずうなずいてしまう名言が多いのが特徴的。

「みんな思い出も必要なのよ…いい思い出がなければ人生はけっこう味気ないものになるわ」

「まあ、いいわ。大切なのはスタートじゃなくて、フィニッシュだってことくらい昔から知ってるもの。」

「自分で思ってるほど利口じゃない人を私たくさん知ってるわ。私自分で思ってるほどのバカではありたくないわ!」

スヌーピー哲学

「“このお話を書いた作者の目的は?”多分お金が必要だったんです!」

「学校なんて大嫌い・・・あれこれ批評されるだけなんだもの・・・」

「何もしないで一日をムダにするのよ・・・それからそれを思い出して一生後悔するの!」

ライナスの名言

ライナス

ライナスはルーシーの弟。
常に「安心毛布」が手放せない男の子。

とても心優しいので、チャーリーとは通じるものがあるのかよき相談相手。

登場人物きっての知性派で、哲学にもとてもたけています。
しかし、でハロウィーンの季節になると、サンタクロースのようにプレゼントを配る「かぼちゃ大王」がやってくると信じている可愛らしい一面もあります。

彼の発言はピーナツの中でも特に哲学的で、
大人気の名言がとても多いですよ。

「法と法律家はいつもぼくらとともにある。生まれたその日からぼくらは法とかかわらざるをえない」

「先生、ただ好奇心の問題としてなのですが…ご自分が間違っているかもしれない、
というお考えが今まで先生の胸に浮かんだことがおありでしょうか?」

「彼女がほんとに君が好きなら、どんなものあげたって喜ぶよ」

ライナス「悲しみを癒してくれる薬ってどんなものかなぁ」
チャーリー・ブラウン「一粒のチョコレートと背中を友達がポンと叩いてくれることだよ」

ライナス

「人生ってのはびっくりすることだらけだっていうね。何もかも見つくしたって思ったちょうどそのときにそうじゃなかったことを思い知らされるのさ」

「人生にはいろんな選択肢があるのに選択できたためしがないんだ!」

「犬や赤ん坊まで信用できなくなったら誰を信用すればいいの?」

「形式的な詰め込み教育ほど人に害を与えるものはないね!」

「この地球上で一人一人が少しずつ違うように造られたってのはなんて素晴らしいんだろう」

「いつもいつも幸せでいるなんてありえないんだよ・・・ アガリ サガリがあって当たり前さ・・・ それが人間的ってもんだよ!」




サリーの名言

サリー

サリーはチャーリーの妹で、チャーミングな一方とっても大人っぽい考えを持っていたりします。

チャーリーはサリーが大好きで、彼女が生まれた日、
嬉しくてチョコレートの葉巻を配り歩いたという逸話があるほどですが、
サリー自身は結構なわがままガールでつねに兄を振り回してばかりです笑

サリーはライナスに片思い中。

「最善の生き方は一回に一日ずつ生きること…」

「悲劇的な人生はロマンチックなのよ、それが他人の人生ならね…」

「わたし知ってる!男の人を手にいれようと思ったらね、誘惑するのよ!男の人は誘惑されるのが好きなのよ、みんなそれを待ってるんだから!」

「私、生きる秘訣を発見したと思うわ。人生に慣れるまでだらだらしてればいいのよ…」

「自分がどこへ向かってるのか見ることの出来るのが昼です。ベッドに横たわって心配することの出来るのが夜です。」

マーシーの名言

スヌーピーの名言

「いいでしょ?あなたのそばに立ってるだけで幸せなの」

マーシーはペパーミント・パティの親友。
彼女とはいつも一緒にいます。

しかし、ペパーミントとは逆で、勉強は得意でスポーツは苦手。
そしてチャーリーに片思い中。

「人生には晴れもあれば雨もあるんです、先輩・・・昼もあれば夜もある・・・人生山あり谷ありですよ・・・」

「救急法のクラスで習ったんですけど、もし誰かの気持ちを傷つけたら、一番いい治療法はただちにあやまることです。」

ペパーミントパティ「あなた眠ってるときも眼鏡かけてるの?」
マーシー「もちろん、夢がよく見えるように」

「もしいいことが言えないなら、むしろ黙ってるほうがいいんです・・。」

「ピーナツ」の登場人物は、「本当に子どもなの?!」と思わず言ってしまいそうなほど、
哲学的な言葉を言い合っています。

しかし、全て的を射た名言であり、自分の日常でも参考にしたい言葉が多いです。

是非、あなたもこの名言から気づいたことを日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。