エンタメ

セルビアのふくろう像が「アソコ」に見えると抗議殺到!これはヤバいwww

セルビアに建てられたふくろう像がどうやら「アソコ」に見えると話題になっています。

市民からは「下品すぎ」「見ていられない」と抗議が殺到する事態に。

一体どんな像が出来上がったのでしょうか?!

ふくろう像が「わいせつ!」と話題に

セルビア北部のキキンダという街に新しく建設されたフクロウ像。
これは街の名物のためにフクロウの彫刻を施したものだそう。

出来上がったふくろう像は高さ2.4メートルの赤い粘土で作成されたもの。
しかし、このふくろう像が「わいせつだ!」と話題になっています。

気になるふくろう像の姿がこちら。

た…確かにそう言われればそんな気もする…笑

キキンダ市は公式Facebookに像の写真を投稿しましたが市民からは抗議が殺到。
講義をしているのは主に女性だと言われていますが、Facebookには「フクロウに見えない」、「恥ずかしい物に見える」、「下品過ぎる」と批判的なコメントが殺到。
投稿市民団体までもフクロウ像を「凶物だ」と指摘している様子。

専門家の声に事態は一変

渦中のふくろう像を作成した彫刻家は「フクロウをそのままではなく、細長いチューブ状のおしゃれにして表現した。技術的な限界があったが企画意図は同じ」と釈明。
それに対して専門家は「フクロウ像がフクロウでないように見える。芸術作品が見える人の視線も重要なだけに修正すれば大丈夫そうだ」とうまいこと助言をしました。

そのやりとりを見た市民の態度は一変し、彫刻家とフクロウ像を認める投稿が数多く寄せられ、
「素晴らしい作品」、「美しい記念碑」、「彫刻が綺麗!」、「素晴らしいフクロウを誇りに思っています」と称賛の声が溢れ出す展開に笑

結局はフクロウ像を新たに建てることになってしまったようですが、
専門家の声に彫刻家は批判を長く浴び続けることにならなかったそうです。めでたしめでたし。

 

「男の活力」を取り戻したいあなたにおススメ!
今ならお試し価格でご案内!
プロキオン