News

野生の子熊をペットとして可愛がっていた男性が骨だけになって見つかる…

子熊

ロシアのとある男性と連絡が不通に?!

ペットとして飼っていた子熊が怪し過ぎる……。

なお、男性は白骨で発見された模様。

 

ロシアで子熊を飼っていた男性と連絡が取れなくなってしまう

ロシアにてとある男性が周囲の反対を押し切り子熊を飼う。

しかしペットとして可愛がっていたはずの子熊はまさかの行動に……。

熊の凶暴性、恐るべし……。

子熊

ロシアに住む写真の男性はご覧の通り、子熊を鎖でつなぎ自宅で飼っています。

彼の名前はセルゲイさん(41)で、4年ほど前に森の中でこの子熊に遭遇。

セルゲイさんは何を思ったのか子熊を連れて帰り、ペットの犬2匹と合わせて飼うことを決意。

 

子熊にメンブラーと名付けて可愛がっていたようです。

見た目だけなら愛嬌のある動物ですが、やはり小さくても熊。

成長していくにつれて、セルゲイさんに対して攻撃するようになっていったそうです。

 

そんな状況を見かねた周囲の人々がセルゲイさんに

 

「熊を避難所に送れ」

 

と忠告しましたが、ペットとして愛着が湧いていたのかこの発言を無視したとのこと。

 

野生動物、しかも熊の子供を自宅で飼う恐ろしさ……。

その後、セルゲイさんは身をもってその凶暴性を味わうことになります。

ロシアの男性が白骨で発見・・・なおペットの犬も食べられた模様

子熊

あるとき、セルゲイさんの家族が電話をするも何故か応答せず。

さらに近所の人からも「セルゲイさんを最近見ない」と報告されるようになりました。

 

心配になりセルゲイさんが行方不明になったと通報し、

ただちに警察が彼の自宅を捜索すると、熊を飼っていたと見られる檻の近くに血痕を発見

さらに骨のみとなった人の遺体も発見されました。

ペットとして飼われていた犬2匹も骨だけになっていたようです。

 

熊がセルゲイさんと犬を食べ、檻から脱出したとみて警察は外へ続いて行く血痕を辿り、やがて発見した熊をその場で射殺。

警察の説明は以下の通り。

 

「檻は開いていて、クマが逃げた経路にも男性の物と思われる血と骨を発見した。発見したクマは攻撃しようとした」

 

住民の安全を守るため、射殺せざるを得ませんね。

一度でも人間の味を覚えた熊は以降も食べ続けるために、人を襲うようになると言われています。

 

ちなみにセルゲイさんが飼っていた熊はヒグマ。

しかもその種で最も凶暴かつ巨体だとのこと。

 

人間の味を知ってしまった子熊の末路に恐怖・・・

 

熊はアカンわ。案外可愛いんですよーとかいって猛獣飼いたがる人の気が知れない。

このクマは射殺されなかったら、元飼い主と同じ様な男性ばかり狙うようになったのかな・・・

熊も死んだんだよなぁ…誰も幸せになれない事件だったね

 

 

熊を飼う。そんな恐ろしことを考えるなんて気が知れないですね……。

自業自得ですし、犬はとばっちりですし、熊も人間に飼われたばっかりに射殺されたのです。

安易な考えで野生動物をペット化しようなんて思ってはいけませんね。