政治・事件

民進党の資金32憶円以上が移籍した議員にバラまかれていたことが判明…

民進党

民進党に衝撃事実が発覚!?実質税金騙し取りか……!?

政治資金収支報告書で32億円以上が他党に移った議員個人に寄付される。

民進マネーの流出に国民も怒りの声を上げて批判。

民進党にヤバ過ぎる事実が判明!!32億円が他党に移った議員に寄付される

民進党

総務省によって発表された2017年分の政治資金収支報告書から、民進党に衝撃の事実が発覚しました。

「民進党を離れた候補に32億円以上が流出」

2017年の衆院選挙直前で民進党は「旧希望の党」や「立憲民主党」「民進系無所属」の候補者らに合計で32億円以上ものお金を寄付していたことが判明。その内訳は以下の通りです。

「旧希望の党」候補に19億6千万円。

「立憲民主党」候補に6億7千万円。

「民進系無所属」候補に5億9千万円。

約350人に合わせる形で民進党から寄付され、1人あたり最大で1500万円が支給されたようです。

この資金の大半は政党交付金であるため、民進党の行いの是非が問われています。

このことは各ニュースでも取り上げられネットでも批判が殺到する事態に発展しています。

総務省「規定はないが、適切に使うよう自覚を持つべき」

民進党

民進マネーが党を離れた候補者らに流出し32億円以上もの政党交付金が支給されたことについて総務省は

「その政党だけに使わなければならないという規定はないが、適切に使うよう自覚を持つべきだ

と指摘し民進党のやり方を批判しています。

政党交付金は徹頭徹尾、政党活動に使用するべきであり、今回の流出については「ばら撒き」であるとする見方も。

民進党といえば自民党に対し政治資金の事柄に質問することが多いですが

総務省の発表によって「民進党に言う資格があるのか?」と考えてしまいますね。

「私たちの税金が…」ネットでは批判の声が殺到する事態に

民進党による32億円超えの流出が発覚するとネットでも批判の声が殺到。

政党交付金を離党した候補者個人に渡すことに対し憤りを感じる人が多数のようです。

その政党だけに使うという決まりがないだけに、寄付したことが罪に問われることはないですが……。

正しく政治活動に使用されないなら国に返す方が自然かもしれませんね。

 

流出した32億円以上の額大半が政党交付金ということは、

ほぼ国民の税金がそのまま離党した候補者の懐に……。

 

 

我々国民の税金がどのような形で使われているのか、その不透明さに腹立たしい思いですね。

綺麗事を並べておいて自分たちはちゃっかり流出させるなんてことがまかり通っています。

関連記事
韓国で人肉カプセルや犬肉カプセルの違法密輸が増加!驚愕のその用途とは?!