お役立ち

トイレでスマホをいじっている人に警告!!健康被害がハンパなかった…

トイレ スマホ

トイレに入ると、ついついスマホをいじってしまう方は多いと思います。

しかし、そんな方に警告です。実はその行為、健康被害がハンパないのです…。

その恐ろしい理由がこちら…。

トイレでのスマホ操作

日常生活の中で健康に気を使っている方は非常に多いと思います。

日々の中で「なんとなく」でやっていた習慣や行動が、
実は健康への影響が大きかったということは意外と多いのです。

例えばトイレに座っている間に、
なんとなくスマホ・携帯電話をいじるという人は結構多いのではないでしょうか。

長時間便座に座るわけではないのですが、
実際、ほんの数分程度で、LINEをチェックしたりネットサーフィンをするという方は多いようです。

公には言いにくいですが、特に女性は個室トイレで、
用を足すついでにスマホをチェックする方も結構いるそう。

確かに、ちょっとしたスキマ時間を埋められて効率的かもしれません。

しかし、トイレでスマホをいじる行為はかなり危険な行動だということが判明したのです。

 

 

トイレの菌の多さを知っていますか

トイレ スマホ

なぜなら、トイレにはたくさんのばい菌や細菌がいたるところにこびりついています。

自宅のトイレはこまめに掃除をしているよ!という方は危険性は低いと思われますが、

公共施設の場合は、トイレ周りがどれくらい綺麗なのかはわかりませんよね…。

見た目はキレイなトイレなのかもしれませんが、

用を足して水を流しただけで、空気中にばい菌や細菌・排泄物が空気中に飛び散ってしまうことがあります。

つまり、用を足した後にどれだけ手を洗って清潔にしていても、
ドアノブや便座のふた、トイレの壁などに触れれば、細菌が付着する可能性は大いにあるのです。

このような菌がうようよしている中でスマホをいじると、
もうどうなるかわかりますよね??

それがサルモネラや伝染病を媒介してしまう可能性もあるようなのです。

 

スマホはどれくらい汚いの?!

トイレ スマホ

そんなトイレに持ち込んだスマホはどれだけ汚いのでしょうか。

アメリカのアリゾナ大学で実施された研究によれば、
なんと驚くことに携帯電話10台のうち9台に細菌が付着いたようです。

その9台のうちの16%にいたっては、
肉眼で見てもわかるほどにくっきりと排泄物の痕跡があったとのことです…。

これは汚い。下手をするとスマホは便器よりも汚いかもしれませんね。

細菌はどんどんと繁殖していくので、
スマホを除菌したりしなければどんどんと病気にかかりやすくなることでしょう。

どれだけスマホに付着した菌が多いかもわからずに、
「トイレの後に手を洗ったから」といってスマホをいじり、そのまま食事をしてしまったら、
菌を食べていることになりますもんね。

そう考えるとこれは本当に恐ろしい調査結果と言えるでしょう。

今後トイレに行く時は、ポケットやバッグにスマホをしっかりとしまってから行くのが良いです。
スマホをトイレで操作しないこと。

また、スマホをこまめにクリーニングすることも大事ですね。