お役立ち

【警告】1回着たパジャマを2日連続で着ると危険…。その驚きの理由は?!

パジャマ

一回来たパジャマは2日連続で来てはいけない!?

もし洗わずに2度着ると大変なことになる…

その衝撃的な理由がこちら…

 

 

1度着たパジャマは2連続で着てはいけない!その理由とは

ダニ

 

多くの人が寝るときにパジャマに着替えると思いますが、

普段は着替えてベッドで寝るだけなのであまり汚れていないと思いがち、

しかしだからと言って1度着用したパジャマを2日連続で着るのは悪手です。

いったいなぜダメなのか?8つの理由をご紹介します。

 

1つ目:ブドウ球菌

ブドウ球菌は一般的な細菌ですがパジャマを洗わずに連日着用していると菌が増殖します。

ブドウ球菌は傷口などから皮膚の内部に侵入した場合は感染症の原因となる可能性があります。

 

2つ目:ニキビの原因

人が普段目に付かない細菌や油分はパジャマなどの衣服にも溜まっていきます。

この溜まった汚れが毛穴を埋めることでニキビの原因となる場合があります。

また場合によっては皮脂のう胞となる可能性もあります。

 

3つ目:ダニ

ダニは家中の至る所に住み着き人間に害を加えますが、

彼らは落ちている皮膚を食べることを好んでいます。またホコリなども食べますので、

パジャマを連続で着用するなどして汚れていくと、そのパジャマ自体がダニの住処となってしまうこともあります。

 

4つ目:体臭の原因となる

人は寝るときあまり動いていないように思われがちですが、

寝返りなどで思っている以上に汗をかいているもの。

パジャマに汗が染み込み、それを連続で使用することで体に匂いが付くこともあります。

他にも様々な悪影響が…恐ろしい…

ベッド

 

5つ目:不快感の原因

パジャマには寝るときの気持ちや体の状態を清潔にする切り替えの意味もあります。

しかし同じパジャマを連続で着用することで汚れたものが付着し気持ちが不快になってしまいます。

 

6つ目:寝つきの悪化

連続使用のパジャマによって起きるダニや細菌の繁殖、

汗のベタつきや匂いなどの二次被害として、それらが原因となる寝つきの悪化が起きることもあります。

また、睡眠中にダニを吸ってしまうことで呼吸器系に悪影響を与えることも。

 

7つ目:ハウスダスト

パジャマの汚れがアレルゲン、ハウスダストとなり喘息などの症状を悪化させることも。

そうした場合は一刻も早く、パジャマを替えましょう。

 

8つ目:免疫力低下

こちらも汚れたパジャマに繁殖したダニやブドウ球菌を原因とした

感染症やかゆみによって二次的に身体全体の免疫力が低下する可能性があります。

 

パジャマ一つとっても人間が健康に生活するためには重要なことに繋がる場合があるのです。

パジャマはできるだけ毎日替えるように心がけたいですね。