お役立ち

お通し代を拒否したらどうなるの?実は法律上〇〇になることが判明…。

お通し

頼んでないのに支払わなきゃいけない「お通し代」。

では、お通し代を拒否したら、法律上どうなるの?

驚きの結果がこちら。

トラブルも多いお通し代

チェーン系の居酒屋などで多く出てくる「お通し」。

頼んでないのに突然出てきて、「え…聞いてないよ…」と複雑に思ってしまうことってありませんか?

お通しは大体が有料であり、400円前後がお通し代の相場と言われております。
中にはお通しで3000円ほどとる店もあると聞きます。

枝豆

お通しは居酒屋のかなり大事な「収入源」でもあって、売り上げが利益ベースで500円前後になると言います。
しかし、多くのお店は値段を開示せず、会計時に上乗せしてますよね…。

近年、訪日外国人観光客も増加しつつあり、
この日本独特の「お通し代」を巡って、外国人観光客と店側がトラブルになることも多いようです。

確かに、海外の「チップ」とはまた異なる習慣で、
店のサービスが良かろうと悪かろうと、半強制的にお通し代は発生しますからね…。

また、明らかに「これなんかの残り物だろ…」というお通しも見かけます。

そんなお通しに代金は払いたくない!という人も多いはず。
では、法律的にお通し代を拒否することは果たして可能なのでしょうか?

お通し代は拒否できるのか?

お通し

お通しの料金について、理崎智英弁護士はこのように語っております。

「ケース・バイ・ケースです。お通しがある旨を入店時に店員から説明されたり、

店前の看板・メニューなどに見やすく記載されていれば、代金は支払わなければなりません。

了解のうえで入店したとみなされ、お通しの提供について店と“契約”が成立するからです」

なんと、店に入る前にどこかにお通し代の記載があれば代金は払わなければいけないそう!

小さく書かれていた場合は見落としてしまいそうです…。

また、電話やウェブ上で予約したという場合、事前にお通しの説明があれば、
入店した瞬間、お通しを注文したということになるそう。

要するにお通しの注文が義務づけられていたら払わなければいけないんですね。

これは知らないとこわい話…。

しかし、事前の告知や説明がされていないという場合は、

お通しが出てきても「拒否」することが可能だそう。

なので、お通し代で嫌な気分になりたくなければ、
店を予約する時や入店するときにしっかりとチェックしておくべきですね。

また、店側に「お通しをカットしてください」と伝え、カットできる場合があるので、
トラブルを避けるために、事前に言っておくことも重要だそうです。

また、お通しの記載などを見落として食べてしまった場合はどうなるのでしょう?

このような場合は、「頼んでいない商品がきて、それを食べたら支払わなければならない」ということと同じ。

客側も違間違って運ばれてきたメニューは認識できるので、食べたら代金を払わなければならないのです。

お通しにはメリットがあった?

お通し
<出典:おみせラボ>

そんなクレームが多い「お通し」ですが、客側にもメリットがあります。

始めて行った居酒屋などでお通しを出されて食べた場合、
その店の味であったり、食に対してのこだわりをしることができます。

とても凝ったお通しがでてきたら、
次に注文する料理にも期待が出来て食事が楽しくなりますよね。

食事にこだわりのある居酒屋などは、ひと手間加えた旬を取り入れたお通しを出してくれたりもします。

また、お通しはクイックメニューなので、
注文した料理を待っている間に楽しむことが出来ます。

ドリンクが先に来た場合、おつまみにもなりますしね。

頼んでもいないのに冷凍の枝豆が出てきたり、
生キャベツをどんと出されたりしたら、お通し代を拒否してしまいたくもなりますが、
こだわりのある店でお通しを楽しんでみるというのもいいかもしれませんね。