芸能

【動画あり】優勝した大阪なおみ選手に客席からの大ブーイング。彼女が放った一言に客席が固まった。

大阪なおみ

テニス全米オープン決勝で日本人初優勝を飾った大阪なおみ選手。

しかし会場は大ブーイングで大阪選手は涙を見せたのです。

一体何があったのでしょうか…。

大阪なおみ選手の優勝に大ブーイング

大阪なおみ

日本時間で9日に行われたテニスの全米オープン女子シングルス決勝。
大阪なおみ選手(20)は見事、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)を6-2、6-4のストレートで破りました。
結果、日本選手として初優勝を飾ったのですが、客席からは大ブーイングが。

大阪なおみ選手は試合直後に優勝が決まると、対戦相手のセリーナ・ウィリアムズ選手から抱きしめられ、客席にいる母親やコーチの元へ駆け寄りました。

大阪選手は以前からセリーナ・ウィリアムズ選手に対してこのように語っていました。

 「子供の頃から決勝でセリーナと戦うことを夢見てきた。でも負けるような夢は見ていない」

ついに憧れのセリーナ・ウィリアムズ選手に勝てた!そう思った矢先に会場から大ブーイングが巻き起こったのです。

この試合は客席からのコーチング(指導)の疑いで警告を受けたセりーナ・ウィリアムズが、主審を「嘘つき! 謝れ!」などと罵るなど荒れた展開となっていたのです。
表彰式が始まると、セリーナの優勝を期待していた客席からは大きなブーングが巻き起こったのです。

これには優勝した大阪なおみ選手もかなりショックを受けたことでしょう…。

ブーイングに大阪なおみ選手が放った言葉とは

大阪なおみ

大阪選手はこの事態に大変ショックを受けていました。
彼女はこの状況を理解するや否や、静かに涙がこぼれ落ちてきたのです。

その際の様子がこちら。

しかし、彼女が優勝インタビューで放った言葉に観客は静まり返りました。

大阪選手は優勝したにも関わらず、悲しみに溢れた泣き顔でこのように語ったのです。

「ちょっと質問じゃないことを語ります。私は客席みんなが彼女(セリーナ・ウィリアムズ)を応援していたのを知っています。

こんな終わり方ですみません。ただ試合を見てくれてありがとうございます。本当にありがとう。」

そして、セリーナ・ウィリアムズにもお辞儀をし「プレーしてくれてありがとう」と語りました。

憧れの選手に優勝し、称えられるはずの選手がブーイングを受ける。とても悲しく、悔しい状況。

ブーイングをしていた観客は大阪なおみ選手の言葉を聞き、
勝っても負けても対戦相手に対する敬意を忘れない姿勢に我に返り、ブーイングをやめたのです。

ブーイングに対してもウィリアムズ選手にも気を遣い、最後までスポーツマンとしての精神を貫いた大阪選手。
本当に素晴らしい、日本が誇る選手ですね。

ネットからの声

表彰式を見てても大坂なおみが優勝した感じではなかった。
セリーナも出産後ここまでコンディションを上げてきたのはすごいことだと思うのにそれにブーイングをする観客は大喝。
ブーイングした観客は大坂なおみすげーなってのを受け入れがたいのはわかるけどあまりにも程度が低い。

なんて素晴らしい日本人の心の持ち主。素晴らしい。感動ありがとう。

このブーイングはかわいそう。なおみちゃんはわるいことしてないし。

あのブーイングは大坂なおみ選手にというよりは、審判員や大会主催者に向けてだった様な気もする。とはいえ優勝選手に対しての非礼は残念だった。

優勝した選手に、こいうコメントを言わせる大会が異常だと思う。
もう少し、優勝した選手をリスペクトするべきだしさせるべきだと思う。

関連記事
中森明菜の現在!テレビに出演しない衝撃的な理由が明らかに…。