芸能

【画像あり】大本萌景さんが自殺前に事務所からもらったパワハラメールがこちら…

大本萌景

16歳の農業アイドル・大本萌景(おおもと・ほのか)さんの自殺

その背景には所属事務所からのパワハラがあったのです。

遺族による涙の提訴に同情の声……。

農業アイドル・大本萌景さんが自殺・・・いったいなぜ?

大本萌景

 

「農業アイドル」の若すぎる死が先日報じられました。
実はその背景に所属事務所のパワーハラスメントの存在があったと話題になっています。

2018年3月21日、「hプロジェクト」に所属し「愛の葉Girls」として活動していた大本萌景さん(16)が自殺。

あれから数ヶ月経って遺族により所属事務所「hプロジェクト」の佐々木貴浩社長、同社幹部、「愛の葉Girls」のグループ譲渡を受けた「フィールド愛の和」に対し提訴すると発表がありました。

 

16歳の女の子の早すぎる死。アイドルという華やかな存在の裏にいったい何があったのでしょうか……。

その裏付けたるLINEでのやりとりが壮絶すぎると話題になっています。

 

所属事務所によるパワーハラスメントが自殺の原因か

こちらのスマホのLINEトーク画像では生前の大本萌景さんと事務所関係者のやりとりが記録されています。

大本萌景

 

事務所側は大本萌景さんに対してかなり高圧的な発言で脅しているようにも見えますね…。

大本萌景さんは2015年に愛媛県を拠点として活動する「愛の葉Girls」に所属。

しかし度重なるイベント、ライブなどで過酷な労働環境だったといいます。

 

学業との両立を求めた萌景さんは休暇を求め事務所に訴えたものの

「お前の感想はいらん」などと言われ相手にされず。

 

その後2017年6月に辞意を伝えると、「休日にイベントに出られる」「お金の心配はせんでいい」と持ちかけられ全日制の高校を勧められ翻意。

2018年3月17日に萌景さんの母親は事務所側へ「2019年8月の契約満期に契約終了」を申し出。

同年3月20日に高校へ納付する12万円を事務所へ借りるために訪れると

貸付の拒否をされ、事務所側はその夜のLINE通話でやめるなら1億円の違約金を払え」と発言したそうです。
高校生相手に信じられない事務所ですね…。

 

その翌日、萌景さんは自室で自殺の道を選びました。

大本萌景

事務所「hプロジェクト」はホームページにて(現在は閲覧不可)「1億円請求した事実はない」と声明文を掲載するなど、被害者遺族との発言に差異がありました。

萌景さんの遺族は提訴で慰謝料として約9268億円を請求。ファンにこの真実を知ってもらいたいと語りました。

全て事実ならあまりにも酷すぎますね……。

ネットの反応

違約金1億は高すぎやろ

親がちゃんと間入らないとな

ガチでこうやってブラックアイドル事務所が全国に乱立してるんやろ

スマホのバリバリ感も貧困層感強いし闇深いわ

1度入ってこんな感じで辞められない子もいるのかな

 

入学金、制服代などの借り入れなど、家庭が貧困だったのでしょうか……。

契約満期で辞めたいと伝えたから納付金を出し渋ったとしか思えない所属事務所は酷すぎますね。

もし違約金一億円が本当なら幾ら何でも額がおかしいです。

関連記事
北川景子の父親の職業がヤバすぎww医者というのは嘘だった?!