政治・事件

勝田州彦容疑者はSMアニメ好きペドフィリアか。過去100回以上女児を狙っていたことが判明…

勝田州彦容疑者

岡山県の小学3年生の女児を14年前に殺害したとして、逮捕された勝田州彦容疑者。

取り調べに対して、「過去100回以上女児を狙った」と供述。

恐ろしいその事件内容とは?!

岡山・小3殺害の容疑で勝田州彦容疑者を逮捕

勝田州彦容疑者
<出典:毎日新聞>

岡山県津山市で2004年当時、小学3年だった筒塩侑子(つつしお・ゆきこ)さん(当時9歳)が殺害されました。
その事件の容疑者として、岡山刑務所で服役中の勝田州彦受刑者(39)を逮捕。

この14年前の事件は有力な物証が無かったので、14年間ずっと難航していました。

勝田州彦受刑者は2015年5月、兵庫県姫路市の路上で、中学3年の女子生徒の胸や腹をナイフで刺したとし、
殺人未遂容疑で県警に逮捕され、大阪高裁で懲役10年の判決が出ていました。

別件で逮捕されていた犯人が、実はまた別の事件の容疑者であったことが判明し、
この事件に関しては多くの話題を呼んでいます。

 

「100回以上女児を狙った」と供述

筒塩侑子
<出典:newsまとめもりー>

勝田州彦容疑者はさらにこのような供述をしていたことが判明。

これまで3度逮捕されたが、捜査線上に浮かんだのは発生の11年後。
以前の事件からは、発覚を逃れるために相手が1人になるのを待つ周到さも垣間みえる。

「これまでにトータル100回以上繰り返した、と供述した」

服役するきっかけになった2015年5月の女子中学生に対する殺人未遂事件の公判(神戸地裁姫路支部)で、
勝田容疑者は、検察官からそう指摘された。

<出典:読売オンライン>

なんと、勝田州彦容疑者は過去に女児を100回以上狙っていたことが判明。

見ず知らずの女児を何度も狙っていた勝田州彦容疑者ですが、
その動機がとても恐ろしいものでした…。

 

SMアニメ好き・ペドフィリアと言われる勝田州彦容疑者

勝田州彦容疑者
<出典:newsまとめもりー>

次々と女児を襲っていた、その異常な行動。
どのような動機でそのようなことを繰り返していたのでしょうか。

毎日新聞は動機こ関してのように語っております。

勝田受刑者は以前から、自身の腹部をシャツの上からナイフで刺し、血に染まる状況を見ながら、
少女が同じように出血する姿を想像していた。

自傷行為を繰り返した末に入院し、担当医から「もう自分を刺すことはできない」と告げられ、
これを機に「現実の少女の腹部を刺したい」と考えるようになった。

<出典:毎日新聞>

なんとも恐ろしい動機ですね…。

過去に勝田州彦容疑者が逮捕された際、
容疑者の自宅からは女児が登場するSMアニメビデオなどが見つかっているそう。

事件前から勝田州彦容疑者自身に異常な性癖があったと思われます。

勝田受刑者は学校や家庭内のストレスから自傷行為をしていたが、高校生の頃から少女が登場するアニメに関心を持ち始めた。

その後、10歳前後の少女らに対し、胸を拳で殴るなどするようになった。精神科に通院していたが、自ら通院をやめていた。

<出典:毎日新聞>

精神的に異常をきたしていたようですね。

また、ネットの一部からは勝田州彦容疑者は「ペドフィリア」なのではないか?と推測されています。

ペドフィリアとは幼児・小児(一般に10歳以下)を対象とした性愛・性的嗜好のこと。
今日の精神医学においては、性嗜好障害とされているようです。

ネットの推測は当たっていたようで、勝田州彦容疑者の精神鑑定をした医師はこのように分析したようです。

精神鑑定を担当した医師は当時、勝田容疑者の“異常性癖”が犯行に駆り立てた要因と分析。

症状については、他人に身体的、心理的な苦痛を与えることに性的興奮を抱く「性的サディズム障害」と小児性愛障害が複合した「サディズム型ペドフィリア」と結論づけた。

<出典:iza>

勝田州彦容疑者は高校卒業後、海上自衛隊で勤務していたそうですが、
周囲に馴染めずに退職。

その後は運送会社等を転々としていたと言われています。

 

ネットからの声

こんなやつの性癖に巻き込まれた女の子達を思うと胸が痛くなる

これはもうだめだよ。どっかに隔離するか極刑にしろよ。

SMアニメとか規制したほうがいい

5人も傷害・暴行にあって懲役4年っていうのがおかしいわ
遺族のことを考えろよ

もうこいつは更正不可能だろ。こんな奴牢屋から出すなよ!!

余罪沢山ありそう…。

関連記事

神奈川・90歳女性が車で歩行者を次々はね4名死傷「赤信号だけど、行けると思った」