政治・事件

日大アメフト・内田正人監督「試合に出場したいなら相手を負傷をさせろ!」と選手に指示していた…。

日大アメフト

アメフト・日本大学対関西学院大学の一戦で発生した日大選手による蛮行プレー。

実は内田正人監督による指示であったことが判明。

驚きのその内容とは…。

日大アメフト・内田正人監督が相手をケガさせるように指示

内田正人監督
<出典:NEWSまとめもりー>

5月6日に行われた日本大学対関西学院大学のアメフト試合。

なんと第一戦で日大選手が関学選手を傷つけるような蛮行プレーをしました。

動画がこちら。

被害を受けたQB(クォーターバック)の選手は右膝軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間との診断。
その後、左足のしびれも訴えたため、西宮市内の病院で精密検査を受け「椎間関節のよじれによるもの」(関学大関係者)と診断されたようです。

なんとも悪質なこのプレーですが、
驚くことに、「全て監督の指示」であったことが弊誌の独自取材で判明したのです。

以下は複数のチーム関係者から得た証言を整理したものです。

試合前日に 日大・内田正人監督が反則をしたDL(ディフェンスライン)の選手にこのように指示したそう。

「試合に出場したかったら、1プレー目で相手のQBを壊してこい」

『壊してこい』というのは、『負傷をさせろ』という意味。

今回、反則したDL選手は1年生の時から日大アメフト主力選手で、2年時の昨年も大活躍。
しかし今年は試合出場機会こそ与えられていたものの実質「干された」状態だったようです。

そんな精神的にかなり追い込まれた状態のDL選手に、
試合出場の条件として関学大のQBに負傷をさせることを内田正人監督が指示をしたようです。

その他にも、「何をしてもいいから壊してこい」「やらないというのはないからな」と念押しをされていた様子。

反則選手は相手にケガをさせるためだけに出場させられた

日大アメフト
<出典:NEWSまとめもりー>

相手を負傷させる代わりに、試合出場させるといわれたDL選手。

しかし、当日の先発メンバー表には当該メンバーのDL選手の名前はなかったようです。

チームが動画サイトに上げているロッカールーム内のハドルで主将が当日の先発メンバーを発表する動画でも、
当該選手の名前は確認できなかったのです。

つまり、DL選手は関学大のQB選手に『ケガをさせる』ためだけに出場の機会を与えられていたということになります。

試合後、反則プレーについて内田正人監督は選手全員に対しこう言い放ったと言います。

「皆、俺がやらせていることは分かっている。(周囲から反則プレーについて)何か聞かれたら、監督の指示だと言え」

反則をした当該選手はショッキングな状況に咽び泣いていたといいます。

スポーツの世界にあってはならないプレー。
今後、内田正人監督がどのように責任を取るのかが注目されます。

ネットからの声

刑事告訴しろよ
これは人間としておかしい

つーかマジでそうする理由がわかんないわ
裏で賭博でもやってんのか?

勝つために反則して怪我させて
相手の選手生命を絶って勝てたとしても
それは嬉しいのか?と言いたいね。

アメフト経験者は「状況的に指示があったはず」に加えて
「指示があったとしても従うことはあり得ない」と口を揃えている

これはもう犯罪だわ
実行犯だけでなく監督もコーチも逮捕されるべき事件

日大が自主的にアメフト部を廃部しないなら
他の大学は 「今後日大とは対戦しない」という方針を貫けばいい

 

関連記事

【日大アメフト】監督・コーチが会見「選手に指示はしていない。選手が勝手にやった。」と発言…。