お役立ち

NHKの集金対処法!実はこんな一言で帰ってくれることが判明!!

NHK集金撃退法

1人暮らしをしたり引っ越しをするといきなりやってくるNHKの集金の人たち。

実は『ある一言』を言うだけで帰ってくれることが判明。

そのNHK集金撃退方法がこちら…。

NHK集金がしつこい!!

引っ越しをしたりすると、新聞やら宗教の勧誘やらがこれでもかと押し寄せてきます。

しかし、一番面倒臭くてしつこいのがNHKの集金です。

NHKをガッツリ見ている方はもちろん、テレビやテレビが映るスマホを持っている限り、
料金は払わなければいけません。

でも全然テレビ見てないし、NHKなんてなおさら見ないわ!という方にとっては、
『なんで払わなきゃいけないの?!』となってしまいますよね。

また、NHK集金に対して居留守を今まで使っていても、
宅配便が届いたと思ってインターホンに出てしまったりもします。
最近ではNHK集金に見立てた詐欺も多いので、なおさら警戒してしまいますね。

しかし、ある一言を言えばNHK集金が撃退できるのをご存知でしたでしょうか??

今回はNHKを撃退できる魔法の1言をお伝えしたいと思います。

 

NHK集金を撃退できる一言とは?!

NHK集金 撃退法

この魔法の言葉を使うと、1秒でNHK集金スタッフが帰ってくれます。

その言葉とは、「今、親いないんで…。」という一言。

そう…人には誰しも親はいるものです。何歳になっても。
なので決して嘘はついておりません。

NHK集金スタッフも流石に、子どもから集金することはありません。
なので、「じゃあご両親がいらっしゃる時にまた来ます。」とすぐに退散してくれるのです。

若干高めの声で言うのがポイントです。是非試してみて下さいね。
もちろん、NHKをガッツリ見ている方や
テレビや、テレビが映るスマホを持っている方は支払わなければいけないので、悪用厳禁です。

 

 

他にもある!!NHK対処法一覧

先ほどご紹介した言葉は、一刻も早く立ち去ってほしい時に有効です。
その他にも対処法があるようで、実際にネットユーザーが実践して有効だったものをいくつか
ご紹介したいと思います。

家はテレビがない

一番有効的な方法です。
NHKの受信料はテレビを持っている人、テレビが見れる人を対象としているので、テレビがない人は払う必要がありません。

これはNHK集金スタッフも、
明らかに嘘だとわかっててもどうしようもない最強の言葉です。

NHK集金スタッフの中にはそういった言葉に慣れている方もいて、
「そんなわけないよね?」と強気に出てくる方もいるようですが、

嘘かどうかNHK側が確認することは絶対にできないのです。

ちなみに「最近引っ越してきたばかりで、テレビをまだ買っていません。
もし買った場合はお伝えします。」というと丸く収まりやすいです。

お金がない

これも仕様がないパターンです。
お金がないと集金も出来ないですしね。

実際にネットユーザーの体験談としては、
「今お金なくて・・・カードも実家に置いてきちゃったので今度取りに帰る予定なんですよ~」など
適当に誤魔化したそうです。

すると、「今度また来るので契約書を置いておきますので記入しておいてください」と契約書を置いて帰っていったそうです。

友人を演じる

インターホンが無いアパートで、
宅配便が届い多と思って、ドアを開けたらNHK集金だった…。

そんな時に使えるのが「私、ここに住んでるものの友人でして、今留守なんですよ」と、
友人を演じることです。

何時頃帰ってくるのか聞かれたら普通に「わからない」で大丈夫です。

実はこの方法は昔から使い回されているようで、
NHK集金スタッフもそれが本人だと大体わかっています。

しかし友人だと言われてしまうと契約することもできないので、
「じゃあまた今度」と帰るしかありません。

ちなみにこの方法はNHK以外の営業訪問に対しても使えるので覚えておくと便利です。

払うつもりはありません

ストレートに全く払う意思がないことをアピールする方法です。

本来、NHK受信料は払う義務はありません。
放送法には罰則がないので「義務」と書かれていても無視出来るのです。

もしNHKが何か言って来たらレコーダーを取り出して、
「会話を録音させていただきます」と言いましょう。
NHK側はグレーな取り立てを行っているので録音を極端に嫌がります。

2度と近寄ってこなくなるので、もうNHKうざすぎる!という方は試してみて下さい。

帰ってください

「忙しいので帰ってください!」「邪魔です。帰ってください。」とストレートに断る方法です。

帰れと言っているのに帰らない場合は「刑法第130条の不退去罪になりますよ。」と言ってあげましょう。
大体、びっくりして帰ってしまいます。
また、面倒な人だと思わせることで2度と来なくなる可能性が高いです。

会話をしてしまうと不退去罪として適用されにくいそうなので、
相手がどんなことを言ってきても「忙しいので帰ってください」と言うようにしましょう。

 

 

対処法をいくつか紹介しましたが、「テレビが無い!」と言うのがベストです。

NHK側にとってはテレビを設置していてその上で拒否しているのか、
テレビはないけど例え設置したとしても契約しないのかその場で判断することができません。

また、受信機器を設置しているかわからないのであれば訴訟を起こすことも出来なくなります。

もちろん悪用厳禁ですが、本当に集金が毎回面倒で困っているという方は是非試してみて下さいね。

<参照サイト:ヒトグラ>