お役立ち

右向きで寝るのは実は危険!!身体にいい寝相は「左向き」だということが判明!!

寝る

あなたは普段、どのような向きで寝ていますか??

仰向け?うつ伏せ?一番多いのが、右側か左側を向いて寝ている方だと思います。

しかし、右側を向いて寝るのは実は危険だったことが判明!

一体どうして右向きで寝ると危険なのでしょうか。

右向きで寝ると身体に負担がかかる!

睡眠

2014年の経済協力開発機構(OECD)の調査曰く、

日本人の睡眠時間は世界で2番目に短いとされる7時間43分だったそう。

日本の企業は残業や休日出勤が多いので、なんだか納得してしまいますよね。

 

そんな睡眠時間ですが、人間は人生の半分ほどの時間を睡眠に当てているといわれています。

そんなに長い時間寝ているのなら、できるだけ身体に負担をかけないように寝たいですよね。

そこで、質の良い睡眠をとるとめにも、寝る際の「体の向き」に注目するといいようです。

なぜなら、右向きで寝ると身体にデメリットがおおいといわれるからです。

 

今回は、医学誌『ジャーナル・オブ・クリニカル・ガストロエンテロロジー』で推奨された、

「右向き」で寝るデメリットと「左向き」で寝るメリットについてご紹介します。

 

・リンパの流れ

身体中に張り巡らされているリンパ管。

実は体の左側が優位になっていると知っていましたか?

なので左向きで寝ることにより、胸管のリンパ節を通して毒素・老廃物をスムーズに排出できるのです。

むくみが酷い人などは試してみてくださいね。

逆に右向きで寝ると逆効果となってしまうそうです。

 

・心臓の負担

心臓と腹部をつなげている大動脈は左へ曲がっているそうです。

なので左向きに寝ると、血液が重力に従って左側にある心臓の血行を良くします。

心臓への負担も減り、血行を促すことができるようです。

 

・消化機能の促進

消化機能

左向きで寝ることによって消化機能の促進ができるようです。

左向きだと消化系の臓器である胃やすい臓への負担を軽減。

そうすることによって、消化作用が促進され、胃酸の逆流を抑制することも可能に。

胸やけが気になる方は試してみてください。

さらに、重力によって大腸から結腸に便が移動しやすくなるので、お通じにもいいといわれています。

 

・身体構造上の特性

右向きで寝ると内臓の位置の関係で、すい臓が胃にもたれかってしまって機能を妨げるそう。

そうなると消化の速度も遅くなってしまうようです。

左向きにすることで胃液の流れを保つことができ、食べ物の消化を緩やかに促せるようです。

 

・脾臓の負担を軽減

左向きに寝ると脾臓(ひぞう)という臓器(リンパの塊のような臓器)の活動を促進することができます。

脾臓は血液中の古い赤血球を壊し、体内に侵入した病原菌と戦う抗体を作ってくれます。

 

毎日、右向きで寝ている方は、たまには左向きで寝るとこのようなメリットがあります。

向きによってこんなに効果が違うなんてビックリですよね。

是非、今夜から試してみてはいかがでしょうか。