お役立ち

牛乳がペットボトルで売られない驚きの理由がこちら…

牛乳

ペットボトル入りの飲料は沢山あるのに、

なぜ牛乳だけペットボトル容器で販売されないのでしょうか?

その驚きの理由について今回はご紹介したいと思います。

ペットボトル容器の飲料

牛乳

日頃から多くの人が購入しているペットボトル容器の飲料。

缶で主流あったコーヒーでも、最近はペットボトルに入って売られています。
また、ワインや日本酒などといったアルコール飲料等もペットボトル容器で販売されています。

こんなにも沢山の飲料がペットボトルに入れられて販売されているのにもかかわらず、
唯一「牛乳」だけがペットボトルで売られていない。

みなさん、一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?!

牛乳といえば、子どもの頃から飲んでいる方も多く、
一番食卓の中では身近な飲み物であるはず。

それなのに紙パックやビンでしか販売されないのにはある理由があったのです。

 

牛乳がペットボトルで販売されない理由

日本獣医生命科学大学獣医学部の横須賀誠教授は、
ペットボトル入りの牛乳が無い理由をこのように話しています。

「牛乳は他の飲み物に比べて栄養価が高いため、雑菌が繁殖しやすいのです。

そのため、衛生的に安心できる瓶か紙パックで販売されています」

牛乳は他の飲み物と比較すると、菌が繁殖しやすいからなんですね。

基本的に牛乳は摂氏10度以下で保存しなければならないそうです。

でも、冷蔵庫に入れておけば問題ないのでは無いでしょうか?!

横須賀誠教授はそんな疑問に対してこう話します。

「ペットボトルはふたを閉めることができ、密閉度の高い容器です。

そうすると、飲みかけの牛乳を持ち運ぶことができてしまいます。

長時間、常温あるいはもっと高い温度にさらされることで、雑菌が繁殖する可能性も高くなるのです」

確かに、ペットボトルの容器って蓋があるから便利なんですよね。

ちょっと飲んで蓋を閉めて、と繰り返すことが出来るので、外出先に持って行ってしまいそうです。

そんな牛乳のペットボトル問題ですが、
実は8年前から法律では「ペットボトル入り牛乳」の販売が許可されたのにもかかわらず、一向に販売されません。

それは一体なぜなのでしょうか。

 

法律上は可能なのに販売されない理由とは?!

牛乳の消費量は年々減少しているようで、
多くの乳業メーカーは「軽量で便利なペットボトルに牛乳を入れたら、消費量は持ち直すかも」と考えたそう。

そのメーカー側の努力もあって、今から焼く10年前の2007年10月に、
「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」が改正され、ペットボトル入り牛乳の販売が認められたのです。

しかし、10年経ってもスーパーやコンビニには一向にペットボトル入りの牛乳は見かけられません。

一体どうしてなのでしょう?!

食品メーカーの関係者によるとその原因は「コスト問題」にあるようです。

食品メーカーの関係者はこのように語っております。

「牛乳用のペットボトルには、現状の清涼飲料水用のサイズや品質のまま転用することはできず、

新たなものを開発しないといけません。

しかも、従来どおり瓶や紙パックも並行して作り続ける必要があり、莫大なコストがかかります」

どうやら、メーカー側が牛乳に菌が繁殖しないようにペットボトル牛乳の保存方法をいくら伝えても、

消費者が便利なペットボトルを外に持ち出すことは目に見えている様子。

そこで食中毒になられたら、メーカー側は食中毒のリスクも負うことになってしまうんですね。

製造コストに加えて、その時の損害も考えたらコスパはかなり悪いといえます。

 

牛乳はビンが一番清潔

現在、紙パックかビンで販売されている牛乳ですが、
主婦層からはこのような意見が。

「牛乳はビンが一番です。紙パックは、使い終わった後に開いて洗って乾かす、という手間がかかります。

ペットボトルは軽くすすぐだけなので処分は簡単だと思いますが、

衛生的に不安があるので、敬遠してしまいそうです」

「子どもがいるので、牛乳は毎日飲みます。

2日に一度は買うので、本当はインターネットで買って、自宅に宅配してほしいです。

それなら、自分で重い瓶を運ぶ必要もありません」

確かに、牛乳を清潔に飲めて手軽に処分できる容器はビンなのかもしれません。

メーカー側にとっても、ビン洗浄して煮沸消毒することで、何度も使うことができます。
そして衛生的。

最初はコストがかかりそうですが、
洗浄・殺菌をすればなんども繰り返し使えてエコにもなるので、結果的には紙パックより安く済むのでしょう。

ネットからの声

ペットボトル入りの牛乳って想像ができない。見た目が悪そう。

アメリカにはあるよね。でかい洗剤みたいな容器に入ってるから、
誰も外には持ち出さないと思う。あれを採用したらいい。

ペットボトルってかなり菌が付着するらしいからね。
カフェオレとか牛乳成分入ったペットボトルって菌がやばいらしいよ。

紙パックはたまに逆方向から開けてしまったり、
落としたときにめんどくさいからペットボトルがいい。

ペットボトルの牛乳あったら買うけどな。

昔はビンの牛乳が家庭に朝一で届けられていたのですが、
結局はあのスタイルが一番しっくりくるという主婦が多かったみたいですね。

菌の繁殖はコワいですが、一度ペットボトル入りの牛乳は利用してみたい気もします。