芸能

マイケル・ジャクソン、死後も収入1400憶円の理由が凄かった…!!

マイケル・ジャクソンさんが急死してから早9年。

しかし、死後もなお1400憶円の収入があると言われております。

その驚きの理由がこちら。

 

マイケル・ジャクソン、死後も収入1400憶円

 

伝説のエンターテイナーであるマイケル・ジャクソン。

才能あふれる楽曲を次々と生み出して来ましたが、
2009年に50歳という若さで急死。

しかし、マイケル・ジャクソンが急逝して以来、総額13億ドル(約1430億円)を超える収入があったと報じられ、話題になっています。

マイケル・ジャクソンは死亡時に、おおよそ5憶ドルの借金を抱えていたと言われております。

 

これは、豪華な家具や奇抜なアート作品を買いあさったため、
1年で3,000万ドル(約29憶円)もの利子を抱えたことが理由。

ですが、その借金も完済できるほど収入が増加し続けているのは一体どうしてでしょうか。

これはマイケル・ジャクソンの会計士や弁護士らの尽力によるものと言われており、
年々資産が増大。

2016年には7億9000万ドル(約869億円)の年収があったと言われております。

亡くなった後も稼ぎ続けるとは…流石マイケル・ジャクソン…。

 

マイケル・ジャクソンが死後も莫大な収入が入る理由

マイケルジャクソン
<出典:fujiki-gallery>

マイケル・ジャクソンの会計士や弁護士によって資産は増加しているそうですが、
具体的に一体どのようなことをしているのでしょうか。

マイケル・ジャクソンの遺産管理人達は、マイケルの未発表曲のリリース、ライセンス契約、マイケルをテーマにしたラスベガスでのショーを開催。
この収益によって、資産を増大させたと言われております。

なかなか敏腕の遺産管理人ですよね!

マイケルの現在の資産状況は良好であり、マイケル・ジャクソンが残した子供たち(長男プリンス・マイケル(21)、長女パリス・ジャクソン(20)、次男ブランケット(16))
母キャサリンさん(88)が恩恵を受けているようです。

 

ネットからの声

マイケル・ジャクソンはかなり優秀な会計士と弁護士を雇っていたんだろうね

子どもたち人生イージーモードじゃないか

でも色んな裁判はまだ決着ついてないらしいね

自称マイケルの子どもっていう人が増えてきそう

ネバーランドどうなったのか気になりすぎる

マイケル・ジャクソンを超えられるスターって今後出てこないような気がする

この人の人生は成功、挫折、成功、失敗などジェットコースターのようだった。
それでも唯一無二のスーパースターだった。

本物のスターは死後も活躍するってことがわかった

もう9年が経つのか。当時はショックだったな。

関連記事

ベネディクト・カンバーバッチが強盗を撃退し、人命救助!男気っぷりが半端ない…。