政治・事件

マレーシア旅客機墜落事件の真相がついに判明?!最新情報がこちら

マレーシア旅客機墜落事件

2014年3月8日、マレーシア上空で墜落したと見られるマレーシア航空の旅客機MH370便は、未だ消息不明。

これまで、様々な憶測が立てられてきたのですが、今回耳を疑う様な最新情報が入ってきました。

今回は、その最新情報について紹介します。

マレーシア旅客機MH370便は海の中で眠っている!?

2014年3月8日にマレーシア旅客機・MH370便の墜落が発覚してから捜査は始まり、
南インド洋でMH370便であるとされる機体の一部がいくつか発見され、機体は海面に墜落した衝撃で、バラバラになったという予測が立てられています。

しかし、これはID番号の認証が出来ておらず、実際の所、本当にMH370便の機体の一部であるかは不明瞭です。
そんな中、ある陰謀論者が「機体はそのままの状態で海に眠っている。」と耳を疑う様な主張を始めたのです。

なんと、空港から1時間程離れた場所に位置するインドネシアの海峡に、海に沈んだ様に見える飛行機の姿をグーグルマップの衛生写真で発見したのです!
その画像がこちら。

マレーシア旅客機墜落事件

もちろん、グーグルマップに写った機体の写真からは、機体の番号や文字を確認することは出来ないので、この情報も確かなものであるという確証はないです。
しかし、この機体が実際にMH370便であるならば、恐るべき真実となるかもしれないですね…。

マレーシア旅客機墜落事件とは

マレーシア旅客機墜落事件

マレーシア旅客機墜落事件については記憶にある方も多いのではないでしょうか。

2014年3月8日、マレーシア航空のMH370便は、マレーシアのクアラルンプールから中国の北京に向け飛び立ちましたが、離陸から約40分後、機体に異変が。
それまで、マレーシアの航空管制レーダーとタイの軍事レーダーに、マレーシアとベトナムの間の南シナ海上空を飛んでいたMH370便が確認されていましたが、突如姿を消したのです。

その後、旅客機墜落事件として、捜査が進んでいきました。
捜査では、南インド洋で機体の残骸と見られるいくつかの部品が発見されましたが、解析が進む前から「MH370便のものである。」と断言されていたり、
墜落事件に関して会見が開かれたのが1週間後と対応が遅かったりしたことから謎の多い事件としてマスコミの中で様々な憶測が立てられていきました。

事件発生から約3年、マスコミの注目も薄くなる中、結局、MH370便の機体はみつからないまま捜査は終了したのです。

不可解な事件の割に、事件の幕引きが早いような印象を受けますよね。
なかなか海中に機体がそのまま沈んでいるということは考えられませんが、もしこれが事実であった場合、何か重要な真実を隠しているに違いありません。

真相が明らかになることを願いましょう…。