政治・事件

韓国人大学教授が「JAL機内食に旭日旗が!」と大批判!実は猛クレーマーだったことが判明。

韓国人教授

韓国の大学教授がJALの機内食に旭日旗があったと大批判。

実はこの人物、旭日旗クレーマーだったことが判明。

驚きの内容がこちら。

韓国人教授が「機内食に旭日旗が!」とクレーム

韓国人教授

写真の人物はソウルにある私立大学、誠信女子大学校の客員教授を務める徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授。

彼はソウル金浦(キンポ)空港と東京羽田空港を往復する為に、JAL(日本航空)に搭乗。
彼は機内食を頂こうとしたところ、機内食に旭日旗と思わしき模様を発見。

その写真がこちら

韓国人教授

“機内食のフタに旭日旗が型どられていた!”とFacebookで大批判したと話題になっています。

日本人の我々でも旭日旗だと認識するのに目を凝らしてしまうレベル。
そもそもこれは旭日旗なのか?ただの模様ではないのか?と感じてしまいますが、
徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は大激怒。

徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授はFacebookに、機内食の写真と怒り狂ったコメントを投稿したのです。

JAL側にもすぐさま「謝罪と再発防止策を求める」と2通もメールでクレームを入れ、
社会問題として発展させ、大きく取り上げてもらおうと動いているようです。

一方JAL側は完全スルーを貫いている様子。

こんなクレームいちいち受けていたら大変ですもんね…。

旭日旗クレーマーだった徐敬徳教授

韓国人教授

韓国・中国は日本の軍国主義の象徴だと旭日旗を見ればすぐにバッシングすることが多いです。

徐敬徳教授もその一人のようで、実は以前から「旭日旗クレーマー」として有名な様子。

2014年に行われたサッカー・ワールドカップでは、
日本代表のユニホームに旭日旗があしらわれているとして、ニューヨーク・タイムズに抗議の広告を掲載。

ここまで執着されてしまうと、ちょっとビックリしてしまいますね。

ネットではこのような反応で埋め尽くされております。

・そもそも旭日旗は悪いものなの?

・嫌だったら利用しなければいいだけの話

・じゃあ日本に来るな

・めんどくさいモンスタークレーマー

・JALに乗らなければいい話。いちいちめんどくさい奴。

・例えば壁についたシミが偶然、旭日旗の形になってもファビョりそうだな

・思想が偏り過ぎ

・こんなのが教授って…やばくないか

どうやらこの教授の言動に関しては批判の声が相次いでおります。
確かに、そんなに日本が嫌いなら来なければいい話ですよね。

旭日旗をかたどったイラストや模様は度々このように炎上してしまいますが、
敏感さに驚いてしまいますね。
<出典:netgeek

関連記事
菅直人の現在が悲惨すぎる…。街頭演説するも元総理大臣なのに誰も集まらない…。【画像あり】