政治・事件

韓国「日本が威嚇飛行してきた映像もってるけど、でも公開はしないよ!!」

韓国

韓国駆逐艦のレーダー照射問題に進展!!

韓国側が「威嚇飛行の証拠映像がある」と主張している模様。

ことごとく崩れ去る韓国の虚言にネット民も呆れはてる。

 

 

韓国駆逐艦のレーダー照射問題に韓国側が予想外の主張を繰り出す

 

2018年12月に世間を騒がせた韓国駆逐艦のレーダー照射問題。

海上自衛隊の哨戒機P-1が韓国海軍駆逐艦「クァンゲト・デワン」によって火器レーダーを照射された件で、日本側の追及にあの手この手で煙に巻こうとしている韓国という構図ですがここに来て韓国国防省が新たな論調としてその正当性を主張しました。

韓国

韓国国防省のチェ・ヒョンス報道官が新たに発表した情報によれば、火器レーダー照射について散々追及されているにも関わらず、依然として否定を続けており、さらに

「韓国側は正しい対応をしてきた」「日本側が問題を大きくしている」

と語りました。

 

さらに日本の哨戒機が「低空威嚇飛行」をしていたと、頑として非を認めず

「証拠となる映像がある」と衝撃発言。

しかしこの映像の公開はまだ具体的に決まっていないとのことです。

 

ことごとく否定され嘘が暴かれた韓国の主張の数々

韓国

<出典:netgeek>

 

韓国レーダー照射問題で争点となっているのは、日本と韓国どちらに最初に非があったかという点。

様々な主張が入り乱れていた中で先日、日本は証拠となる映像を公開。

レーダー照射の当時、哨戒機の中から撮影された映像には韓国駆逐艦と北朝鮮船舶がかなり遠くにあることが確認されており、また、自衛隊の再三の呼びかけに無視を貫き通す韓国海軍という日本の主張そのままの証拠が記録されていました。

韓国側は否定されると何度も主張を変えてはまた否定され、と嘘をつき続けている現状。

日本の証拠映像に反論するように公開された韓国の証拠映像では、やはりP-1哨戒機は国際的なルールに則った通常通りの高度であるとはっきり映し出されていました。

証拠として映像が残っているだけに、韓国側の新たな主張「低空威嚇飛行の証拠映像」も同様に無理があると言わざるを得ないです……。

 

韓国のレーダ照射正当性の主張にネット民も呆れはてる

 

今すぐ出さないと信憑性は日が経つにつれて減って行きます。

前回日本が公開した映像を少し大きくして、捏造報道するのが目にみえる

韓国「威嚇飛行の証拠映像を作っている!ただし近日中に完成するかは分からない(クオリティ)」

 

 

半ば無理やり水掛け論で落ち着けようとしているのでしょうか。

日本側はしっかりと証拠映像を公開しています。

低空威嚇飛行をしていないことは明らかのはずですが、まだ韓国側は納得いかないようです。