お役立ち

鹿児島県は最も『振り込め詐欺』が少ないことが判明!!驚きの理由がこちら!!

鹿児島県

対策を立てても立ててもなかなか無くならない「振り込め詐欺」。

しかし、今回最も振り込め詐欺の少ない県が“鹿児島県”であることが判明。

一体どうして鹿児島県が一番少ないのでしょうか?!

博識なカズレーザーも答えられなかったその疑問

1

先日テレビ朝日系で放送された「カズレーザースペシャル 理由を述べよ!」で各分野の専門家が出すクイズ番組に出演したメイプル超合金のカズレーザー。

カズレーザーといえばインテリ芸人であり、多くのクイズ番組に出演していますね。

そんなカズレーザーのこの番組は、様々な分野の専門家が「回答に納得できる理由がある」クイズを出題し、

カズレーザーが回答していくといったもの。

 

今回は防犯ジャーナリストである梅本正行さんからこんな出題が。

『全国で“鹿児島県”が最も振り込め詐欺被害が少ない理由とは??』

うーん。どうして鹿児島県なのでしょう??

カズレーザーは「同居する世帯が多いから」と回答しましたがそれは不正解。

そこには誰もが「納得する」理由があったのです。

 

鹿児島県に振り込め詐欺被害が少ない理由とは?!

振り込め詐欺

気を付けていても被害に遭ってしまうことが多い振り込め詐欺ですが、

鹿児島県だけが何故被害が少ないのでしょうか?

それは『方言が難しいので、身内になりすますことが難しいから』だそう!

これはかなり納得してしまいますよね!!

あの手この手で詐欺を繰り返す集団でも、鹿児島弁の習得だけは難しいようです。

そんな鹿児島弁ですが、実際どれくらい難しいものなのでしょうか?

 

あなたはわかる?難しすぎる鹿児島弁

実際鹿児島弁がどれだけ難しいのかを見てみましょう。

こちらが一覧です。

鹿児島弁
いたっきもんで 行ってきます
いっかすい 教える
うけ 多い
えじ ずるい
おい
おいどん 私たち
おずん 目が覚める
おやっとさ お疲れ様
おんじょ お年寄り
くせらし 生意気な
げんねこ 恥ずかしい
ちんがら 木っ端微塵
ごて
しったれ 末っ子
すっぱい 全部
ずばっ たくさん
ねっかい 全部
びびんこ かたぐるま
びんた
ぼっけもん 大胆な人
むぜ かわいい
やぞろし うるさい
わいどん 君たち
<出典:おいでよ九州>

これは確かに通訳が必要になるレベルですね…。

単語を覚えたとしても、イントネーションがさらに難しいです。

これは詐欺グループも確かに真似できないでしょうね…。

 

それもそのはず、鹿児島弁(薩隅弁ともいう)はもともと江戸時代に隠密が入らないようにわざと難しくつくられた方言だそう。

戦時中には暗号としても使用されていたようです。

いくら練習しても、現地で育ってきた人が聞いたら違和感を感じてしまうのでしょう。

その機能が現代でも働いていたなんてちょっとビックリですね笑

 

振り込め詐欺に遭わないようにするためには

振り込め詐欺

手口を変えながら増えていく振り込め詐欺ですが、どうやったら防止できるのでしょうか。

警視庁ではこのように注意喚起しています。

・「電話番号が変わった」と言われたら必ず元の番号に電話をする

・家族間であらかじめ「合言葉」を決めておく

・言われた番号を信じずに、必ず電話帳や電話番号案内(104)で調べる

・警察官がキャッシュカードの暗証番号を聞くことは絶対にないので教えないこと

 

『私は絶対引っかからない』と自信がある人ほどひっかかってしまう振り込め詐欺。

被害に遭う前に、今一度家族間で「合言葉」を決めたり、対策を練っておくべきですね。