お役立ち

ジュースの砂糖の量を視覚化してみるとヤバいことに!!【画像あり】

ジュース

ふと急に飲みたくなってしまう甘いジュース。

果汁ジュースやコーラ等の炭酸飲料は止めたいと思ってもなかなか止められませんね。

しかし、そんなジュースに入っている砂糖の量を視覚化すると恐ろしいことになることが判明…!!

これを見たらジュースが飲めなくなってしまうかもしれません…。

 

ジュースの糖分含有量がヤバすぎる!!

コーラ

ジュースって確かに甘いけど、どれだけ砂糖が入っているのかわからないですよね。

ということで、今回はジュースに含まれている砂糖の量を視覚化した画像をご紹介したいと思います。

砂糖の量にかなり驚いてしまいますよ!

 

コカ・コーラの砂糖の量は?!

コカ・コーラ

こちらはみんな大好きコカ・コーラ。

角砂糖が山積み状態ですね。こんなに糖分摂っていたと考えると恐ろしい…。

 

たまに毎日コーラ飲んでいる人いますが、身体の中が恐ろしいことになってそうですよね…。

コーラ一缶に入っている砂糖の量は約40グラムもあると言われています。

ということは毎日飲む人は1ヵ月に1.2キロも砂糖を摂取していることになります。

ちなみにコカ・コーラゼロは人口甘味料を使用しているので、少量でコーラ並みの甘みになるようです。

 

他のジュースはどれくらい砂糖が入っているの?!

ジュース
ではファンタや紅茶花伝などの他の甘いものはというと…

こちらもかなり多いですね…ファンタなんてコーラより多いです。

驚いたのがポカリスエット!!

スポーツ時に飲む方が多いと思いますが、これじゃあ砂糖水を飲んでいるようなものですね!!

紅茶花伝も意外と砂糖の量が多いことがわかります。

 

 

ネットからも驚きの声が

 

視覚化された砂糖の量にネットからは驚きの声が上がっております。

「毎日ジュース飲んでたけど、この画像見たら飲みたく無くなってきた…。」

「無糖のソーダに何個ガムシロップ入れたら市販されているソーダの味になるか試したことあるけど、

結局15個くらい使った」

「普段から水かお茶しか飲まないから大丈夫だけど子どもには飲ませたくないな」

「逆に人工甘味料って肥満を招くとか言われてるよね。結局のところ水とかお茶がいいのかもしれない」

「子どもには飲ませたくないな~」

「他の市販のジュースにもたっぷり入ってるんだろうな。」

「ダイエットがてらこの画像を待ち受けにしたい」

 

いかに私たちが日常的に飲んでいるジュースに糖分が含まれているかがわかりましたね。

砂糖の摂り過ぎると「糖尿病」になる恐れがあります。

2017年の段階で日本の糖尿病有病者・予備軍は約1,000万人と推計されております。

この画像を見ると何だか納得してしまいますね。

食品メーカーは消費者の健康について考えてはおりません。

何が身体にとって害なのかよく考え、自分の身をしっかりと守っていきたいですね。