政治・事件

【目黒5歳児虐待】虐待理由は「モデル体型にしたかったからご飯与えなかった」と母親が供述…。

船戸優里・雄大容疑者

東京都目黒区で女児を虐待し死亡させたとして船戸容疑者(25)が逮捕。

虐待理由としては「モデル体型にしたかった」と供述しており、

ネットからは批難殺到。

5歳女児への虐待理由は「モデル体型」にしたかった

船戸優里・雄大容疑者

東京都目黒区で船戸結愛ちゃん(5)を虐待し死亡させたとして、
母親の優里容疑者(25)が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたました。

結愛ちゃんは今年2月にも父親の船戸雄大容疑者(33)から暴行を加えられており、
船戸雄大容疑者はその時に起訴・逮捕されています。

警察の調べに対し、虐待で衰弱した結愛ちゃんを病院などへ連れて行かずに放置した理由について、
母親の優里容疑者は「自分の立場が危うくなると思った」と説明。

どうやら虐待が発覚することによって児童相談所に相談されるのを恐れていたようです。

またご飯を少ししか与えなかった理由として「モデル体型にしたかった」と語っていたようです。

調査を進めると、驚きの虐待内容が明らかになってきました。

死亡時は12キロしかなかった結愛ちゃん

船戸優里・雄大容疑者

警察の捜査によると、船戸優里、雄大容疑者は今年1月に結愛ちゃんと共に香川県善通寺市から目黒区へ転居。
その時から1ヵ月の間、近所の人によると結愛ちゃんだけ外出する姿が目撃されていませんでした。

この時もう既に結愛ちゃんは自宅に閉じ込められていたと考えられます。

そのような状況を心配し、品川児童相談所は状況を確認しに船戸容疑者らの自宅へ訪問しましたが、
船戸容疑者らは「関わってほしくない」と結愛ちゃんとの面会を拒否。

結愛ちゃんが入学予定だった小学校の説明会に関しても、
船戸優里容疑者1人で参加していたと言われています。

虐待の発覚を恐れて、結愛ちゃんと他人の接触を相当恐れていたのでしょう…。

また、結愛ちゃんはスープ1杯、昼と夜は茶わんに少しのご飯をよそってみそ汁をかけたものしか与えられない日もあり、
死亡時は同年齢の平均体重約20キロを大幅に下回る約12キロしかなかったと言われています。

また、両目の周りや身体にはあざなどの殴られたあとが見つかっており、
シャワーで冷水をかけられ、日々虐待をされ、日に日に衰弱をしていった様子。

結愛ちゃんは5歳でありながら、1人別の部屋で寝起きをさせられていたようで、
朝4時になると、自分でかけた目覚まし時計で目を覚まし、自主的に文字の書き取りを行っていたようです。

真冬にはベランダに締め出され、放置されたとも言われています。

結愛ちゃんがどのような思いで、辛い日々を過ごしてきたのか。
考えるだけでとてもつらくなります。

また、幼い子どもにこのような虐待を平気で行っていた両親が信じられません…。

ネットからはこの虐待内容に批難が殺到しています。

ネットからの声

親の頭たらなすぎだろ…本当何やってんだよこんな可愛い子を衰弱させるなんて

飯いっぱい食わしていっぱい外で遊ばしてやれよ…
オメーのダイエットとは違うんだよ…

本当に胸糞悪い。こういう子がまだまだいるんだろうな。

本気でモデルにしたいからご飯あげなかったとか言ってるならマジで頭おかしいだろ

こういう虐待を周囲も行政も見つけられないのどうにかならないのかな

立場とか言ってるし悪いことしてる自覚はあったんだな

関連記事

船戸優里・雄大容疑者の顔写真やFacebookは?娘を虐待死した動機がクズすぎる…。