芸能

本田圭佑がカンボジア代表監督へ!カンボジアのサッカー事情とは?!

本田 カンボジア

本田圭佑さんが記者会見をし、カンボジア代表監督兼GM(ゼネラルマネージャー)就任を発表!

カンボジアのサッカー状況って一体どうなっているのでしょうか??

詳しくはこちら。

本田圭佑がカンボジア代表監督へ!

サッカーW杯で活躍の場面を沢山魅せてくれた本田圭佑選手が、
なんとカンボジアのサッカー代表監督へ就任しました
肩書は「Head of delegation」で、契約期間は2年とのこと。

本田圭佑選手がひとつのチームを指揮するなんてとっても楽しみですね!

本田圭佑選手は目標として「カンボジアのサッカーが目指すべきスタイルを作り上げること」、
「カンボジアのPR活動もしていく」と述べていました。

会見でこのように述べています。

「みなさん。こんにちは。会長、副会長、みなさん、このような場を用意していただきありがとうございます。

先日、メルボルン・ビクトリーFC というチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。
そんな中でカンボジアサッカー連盟に「現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か」と質問したところ、
「本気で言っているならオファーをする」と言っていただき、この場に至りました。

こういったかたちの契約は世界どこをみてもはじめての契約だと思います。
そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝しています」

本田圭佑選手は基本的にはメルボルン・ビクトリーでトレーニングを行い、
週に数回カンボジア代表のスタッフとテレビ会議の場を設けて情報交換する予定だそうです。

例外的な位置づけですが、本田圭佑選手なら結果を出してくれそうですよね!!

カンボジアのサッカー事情

そんなニュースをきくと「カンボジアのサッカーってどんな状況なの?」と思う方も多いと思います。
確かにサッカーに詳しくない方だと、カンボジアってあまりサッカーのイメージがありませんよね。

実はカンボジアではスポーツの中でサッカーが一番人気。
街中でもユニフォームを着てサッカーをする子どもが多く、
首都のプノンペンで行われるカンボジアリーグは多くの観客が訪れます。

また、国際大会時もサポーターが多く集まり、場は大盛り上がりすると言われています。

 

世界から注目が集まっているカンボジアのサッカー

また、2017年からJリーグの藤枝MYFCに加入しているチャン・ワタナカ選手がカンボジア人ということもあり、
カンボジアサッカーは東南アジアからの注目も徐々に集まるようになりました。

カンボジアリーグにも日本人選手が在籍しています。
1チームに外国人選手枠が5名まであり、主にアジア・アフリカの選手が多く所属しており、
中には日本や北朝鮮から来た選手も活躍しています。

以前から注目度が高かったカンボジアのサッカーですが、
ここに本田選手が監督として活躍することによってさらに人気が出るのではないでしょうか。

発展途上でまだまだ随所に貧困を見受けられるカンボジアですが、
サッカーが盛り上がることによって、さらに国に活気が出るといいですね。