お役立ち

ガムを飲み込むのは危険?!身体に及ぼす影響とは?!

ガム 飲み込む

ガムを飲み込むと身体に悪いって聞いたことがありませんか?

確かに健康上良くない気がしますが、実際のところどうなのでしょうか。

今回は「ガムを飲み込むとどうなるのか」について調べてみました。

ガムを飲み込むのは危険?!

私達は小さな頃から親などに「ガムを飲み込んだらガムの木がお腹から生えてくる」とか「ガムが何年間もお腹にくっついたままになる」と言われ、

ガムは噛んだ後は紙に捨てるということを教育されてきましたよね。

「ガムは飲むと石になるから飲まないほうがいい」とまで聞いたことがあります。

しかし、それって本当のところはどうなのでしょうか。

今回はガムを飲み込んだらどうなるのか?について徹底検証していきたいと思います。

 

ガムを飲み込むとどうなるの?!

ガム 飲み込む

私たちが普段食べ物を噛んでいると唾液が出てきますよね。

唾液の中には酵素が含まれており、咀嚼するのに合わせて食べ物を分解しようとします。

食べ物を飲み込むと、胃の中のタンパク質と胃酸がさらに細かく食べ物を分解し、栄養素だけが腸で吸収され、必要ないと判断されたものは排泄されます。

しかし、ガムはどれだけ噛んで唾液を含ませても消化されないのです。

ガムは口に入った時点ですぐに異物となってしまうのです。

 

ガムは何で出来ているの?!

そもそもガムは何でできているのでしょうか。

ガムの原料はサポジラという木の樹液から取った
チクルという天然樹脂が使われています。

これは少し昔の話で現代のチューインガムにはチクルの特徴を持った
プラスチックの仲間である酢酸ビニル樹脂が使われています。

この酢酸ビニル樹脂を元にガムベースを作り、そこに甘味料と香料を加えるとチューインガムが出来るのです。
と、いうことは、ガムを飲み込むということは、プラスチックのようなものを飲み込んでいることになります。

なんだかかなり身体に悪そうじゃないですか?!

 

ガムを飲んだ後の体の変化

ガム 飲み込む

私達の身体はガムを飲むとそれを排出しようと働き始めます。

ガムは消化管の中へと向かってスムーズに流れて行きます。

この時にガムの粘り気によって、腸内にへばりつくのではないかと不安になりますが、体内は暖かく湿っているのでガムは柔らかくなりスムーズに流されていきます。
人体の不思議ですね。

そして最終的には他の排泄物と一緒に排出されるのです。

しかし、たくさんのガムを飲み込み続け運命のいたずらにより腸内に引っかかったとしましょう。

それでもガムは油分で溶けるという特性を持っているので、
チョコレートや焼き肉などを食べれば溶けて無くなるのです。

ということで、ガムを飲み込んで病気になったということは未だかつてないし、
大きな事故もありませんのでご安心下さい。

飲み込んでしまったら、ラーメンや肉などの油分がたくさん入っているものを食べればOKです。あまり心配しないでくださいね!

 

ネットからの声

ずっとガム飲んでたからかなり心配だった

ガムは飲まないほうがいいって洗脳されてるな

いやいやプラスチック飲み込んでるのと変わらないなら飲まないほうがいいだろ

味のないガム飲むのって気持ち悪くならないの?

ガムボトルについてる紙は付箋代わりにしてる

飲まないに越したことはない