お役立ち

ジャンクフードのCMを見る人は見ていない人よりも年間500回間食をしたくなるということが明らかに…!!

ジャンクフード

油っぽいし添加物も多いし…身体に悪いとは思っていてもついつい食べたくなってしまうジャンクフード。

テレビをつければ頻繁にCMもやってますよね。夜中に見るととてもお腹が減ってしまいます…。

しかし、ジャンクフードのCMを見ている人は、見ていない人よりも、年間500回間食をしたくなるということが明らかに!!

一体どうしてでしょうか?!

イギリスの調査によって明らかになったジャンクフードCMの効果

ポテトチップスにフライドポテト、フライドチキンにハンバーガー。

何故か急に食べたくなってしまうジャンクフード。みなさんもそんな経験ありますよね?

しかし、その急に湧き出てくるジャンクフードへの食欲はあなたが『ジャンクフードのCMを見ていること』が原因なのかもしれません。

イギリスの「王立がん研究基金」の調査によると、ジャンクフードのCMを見ている人は見ていない人に比べて、

年間500回も間食回数があるというそうなのです。

500回ってかなりの数字ですよね…。ダイエット中の人は恐ろしすぎてTVのリモコンをすぐさまOFFにしてしまうのではないでしょうか。

 

専門家が言うには、1日3時間以上テレビを見ている若者は、見ていない若者よりも生活が乱れ、不健康になっている傾向があると述べています。

しかし、先ほど記載した「王立がん研究基金」によるとジャンクフードCMを見ている若者の多くが、特出してジャンクフードを食べる回数が多いようです。

ジャンクフードのCMを見ると、あの味を思い出してしまい、食べたくなってしまうのでしょうか。

そんな結果から、イギリスではジャンクフードのCMは視聴者から禁止を訴えられています。

 

ジャンクフードのCMが流れなくなる?!

イギリスでは既にジャンクフードCMの禁止が視聴者から訴えられています。

多くは肥満防止のために16歳未満の子供に規制をしたいという考えだそう。

確かに、こんなにCMと間食の効果が証明されたら、CMは止めてもらいたいですよね。

 

ハンバーガーを食べ続けるとどうなるのか

ジャンクフード
<出典:ザ・オカルトサイト

ここまでジャンクフードCM禁止の話をしてきましたが、ではジャンクフードを食べ続けるとどうなってしまうのでしょうか。

ジャンクフードの代表、ハンバーガーを例にあげてみたいと思います。

ハンバーガーには何と70種類もの食品添加物が加えられていると言います。

この時点で何だか食欲が失せますね。

しかし、食べ続けるともっと食欲が失せる事態になってくることが判明します。

 

モーガン・スパーロック監督のドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」では、監督のモーガン氏自ら、

1か月間1日3食もひたすら大手ハンバーガーを食べ続けました。

この映画を撮影する前は、医者も絶賛するほどの健康体のモーガン氏でしたが、

撮影5日目で体重は4.2kg増加。総コレステロール値は168から18日目には225にもなっていたようです。

また、1か月後にはかなりの体調不良を訴え、精神状態もうつになってしまったようです。

なので、ジャンクフードを食べ続けるマネは決してやめてくださいね。

 

たまに食べたくなるジャンクフードですが、食べ過ぎると病気・肥満の原因になりかねません。

CMと食生活の因果関係がこんなにも証明されているのならば、

テレビもなるべく見ずに、しっかりとした食生活を目指したいですね。