お役立ち

エナジードリンクの副作用がヤバすぎる!!子どもに販売禁止する国も。

エナジードリンク

近年、仕事に欠かせないアイテムの一つとなっている「エナジードリンク」。

しかし、その副作用がヤバすぎると話題になっています。

驚くことに、子どもに販売禁止する国もあるそう。

一体どんな副作用があるのでしょうか。

エナジードリンクの副作用とは??

ここぞという頑張り時に飲みたいエナジードリンクですが、

最近のカナダでの研究では副作用があると明らかになりました。

この研究では12~24歳の若者を対象にしたようです。

エナジードリンクを飲むことで引き起こされる副作用は以下の通りです。

・心拍数が上がる
・頭痛を引き起こす
・不眠症を起こす
・下痢を起こす

…飲み物1つでこうなってしまうってなんだか怖いですね。

エナジードリンクは飲むと一気に目が覚めて、不眠になり、仕事がはかどるのかもしれませんが、

こんなに副作用が引き起こされる恐れがあるのなら、飲まないほうがいいのかもしれません。

研究対象となった若者達のうち、心拍数が上がったと感じたのは24.7%、不眠症は24.1%、頭痛は18.3%、下痢は5.1%となったようです。

半数以上が何かしらの副作用を経験したということがわかりますね。

 

英国「ウェイトローズ」では子どもにエナジードリンクの販売禁止

エナジードリンク

副作用がこんなにあるとは驚きですが、

全世界でエナジードリンクを大量に摂取し、なくなった事件はこの10年間のうちに13件にものぼるそうです。

適量であれば問題は無くても、飲みすぎるとやはり身体によくないようですね。

そして、英国のスーパー「ウェイトローズ」では昨今のエネルギードリンクの問題を受け、

子どもに対しエナジードリンクの販売を禁止するという動きが出ております。

その理由が、エナジードリンクはアルコールと同じく、子どもには悪影響だということ。

この動きが世界中で広がれば、子どもはエネルギードリンクを買うことが出来なくなるでしょう。

 

さらに恐ろしい事実が判明しました。

デトロイトのミシガン児童病院・小児心臓病専門医のスティーブン・リプスツルツ教授いわく、

10歳の子供が80mgのカフェインを摂取した所カフェイン中毒を起こしたそう。

日本で販売されているレッドブル1缶には80mg のカフェインが含まれています。

ということは子どもがやたらむやみにエナジードリンクを摂取するとカフェインが悪影響を引き起こす恐れがあるということです。

 

副作用も恐ろしいですが、カフェインの量にも気をつけなければなりませんね。

また、大人でもカフェイン中毒になる方はいるそうです。

くれぐれもエナジードリンクの飲み過ぎには注意したいところですね…。