お役立ち

本当は怖い!童謡に隠された本当の秘密や都市伝説まとめ

童話 怖い

皆さんも子供の頃から沢山の童謡を聞いてきたと思います。
しかし、童謡には本当はこわい秘密が隠されていたことはご存知でしょうか?

今回はそんな数々の童謡にまつわる秘密や都市伝説をご紹介したいと思います。

 

童謡には本当はこわい秘密が隠されていた

きっと小さいころから誰もが童謡を聞いて育ってきたと思います。

あなたも、親が歌ってくれたり、幼稚園で歌ったりしていませんでしたか?

そんな多くの人に古くから親しまれてきた童謡ですが、
中には本当はとても怖い秘密が隠されていたということはご存知でしょうか。

今回は都市伝説や社会現象となった童謡の怖い話をまとめたのでご紹介していきたいと思います。

 

かごめかごめ

かごめ
<出典:日本とユダヤのハーモニー>

子ども遊びの歌としても知られ、
かごめかごめを謳いながら、真ん中にいる目を隠した鬼を輪になって囲んで、
歌の最後に誰が鬼の後ろにいるのかを当てるといった遊技。

よく知られる歌詞の一説はこんな感じ。

“かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 

夜明けの晩に 鶴と亀と滑った 後ろの正面だあれ?”

しかしこの歌、よく聞くと雰囲気がなんだかこわい!

ちょっと不気味に感じるということもあり、子どもでさえも苦手だということが多いです。

この歌に隠された秘密は実は沢山ありました。

遊女説

遊女の悲しみを歌ったものという説です。
かごめ=籠目のことで、遊女が男性を待つ時にかけられたすだれのこと。

その遊女は一日中男性の相手をさせられ、
「籠の中の鳥はいついつ出やる」は遊女がいつここから抜け出せるのだろうと嘆いている状況。

「鶴と亀と滑った」は男性に挿入されたという意味で、
最後の「後ろの正面だあれ?」は次の相手の顔が見え隠れしている、という遊女の悲哀だそうです。

埋蔵金説

また、かごめかごめは徳川埋蔵金のありかを表しているという説も。

かごめ=籠の目ということで、六角形になります。
実は徳川が関東で建てた神社や仏閣を線で結ぶと、六芒星の形になるそう。

その六芒星の中心にあるのは「日光東照宮」で周囲には鶴と亀の像も。

かごめ

そして近くには実は徳川家康の墓が。
その後ろに埋蔵金が埋まっているのではと言われていますが、
なんと地質学上の調査でも99.9%の確率で土や石以外の物が埋まっているようです…。

世界遺産なので掘り起こせないそうですが…。

 

通りゃんせ

以前は横断歩道での音響信号機にも採用されていた童謡「通りゃんせ」。

通りゃんせも異質な感じのする同様の一つですね。

しかし、なんとも怖い都市伝説がありました…。

生贄説

通りゃんせは不作や天変地異を起こす天神様の怒りを鎮めるために、
子どもを生贄として捧げていた歌という説です。

この歌の発祥の地は、埼玉県川越市にある川越城の天神様を祭っている三芳野神社。

川越城は沼地であり、地盤が悪く、建設した当時は子どもを天神様の生贄に捧げていたようです。

歌詞にある「行きはよいよい 帰りはこわい」の歌詞は、
いいことがあると言われて生贄の子どもは連れてこられたが、
人柱として殺されて、二度と帰っては来ないと云う意味。

日本には八百万の神がいるといわれているので、
良い神様もいればおそろしい神様もいるかもしれませんね。

 

証城寺の狸囃子

證誠寺
<出典:travel.jp>

「しょ しょ しょうじょうじ しょうじょうじのにわは~♪」という出だしで、
たぬきがメインの曲でもあり、ちょっとアップテンポで愉快な歌。

「しゃぼん玉」や「赤いくつ」を作詞した作詞家の野口雨情さんが、
千葉県・木更津市の證誠寺を訪れた時に作成した歌だそう。

しかしこの歌には悲しい逸話があるのです。

昔、證誠寺の住職が夜中に物音で目を覚ますと、
庭にはたぬきが大勢、輪になってそれぞれの腹を叩きながら踊っていたのです。

それを見た住職も面白くなって輪に参加。
毎日のようにたぬきたちと踊っていたんだとか。

しかし、ある夜、親玉の大たぬきが腹を叩き割って亡くなりました。
悲しんだ住職が作ったのがたぬき塚といわれており、今でも証城寺にあります。

 

シャボン玉

シャボン玉

柔らかいメロディーで、シャボン玉がゆるりと飛んでいくところがイメージできる優しい歌。

しかし、この歌にも悲しい秘密が隠されていました。

実はこの歌はある悲しい経験をした男性の話だそう。

一説によると、この歌の中に出てくる「シャボン玉」はその男性の病気で弱っている娘のことだそう。

「屋根まで飛んで、壊れて消えた」という部分は、「屋根(成人)」まで育ったが、
壊れて「消えた(死んでしまった)」と意味。

しかし、さらにその男性には悲劇が襲い掛かります。

注目していただきたいのは2番の歌詞。

「飛ばずに消えた。産まれてすぐに、壊れて消えた」

これは男性の2人目の子どもが産まれてすぐに、死んでしまったのです。

なんとも悲しい歌だったのですね…。

 

さっちゃん

童謡の怖い話で一番有名なのが「さっちゃん」にまつわるお話。

「さっちゃんはね~」というかわいい曲で、

作者の方が「子供の頃一緒に遊んでいた少女がモデルになっている」と言っている通り、
さっちゃんという女の子について歌われている童謡です。

さっちゃんは3番まで歌詞があるのですが、
「4番」の歌があるという都市伝説が。

その歌詞がこちら。

「さっちゃんはね、足を無くした本当だよ。

だからお前の足を奪っていくからね。すぐ行くよ、覚悟しろ」

これは北海道で起きた踏切事故がきっかけで、

被害にあった子のクラスメートが替え歌して広まったのだとか。

ちょっと酷いですよね…。




むすんでひらいて

「むすんでひらいて」も日本ではお馴染みの童謡ですね。
しかしこの歌、実は日本の歌ではないんです。

フランスの哲学者であるルソーが作曲した歌で、
「パントミム」という題名が原曲です。

それが時を経て、日本に伝わってきました。

明治時代初期は賛美歌に使われていましたが、
戦争がはじまると以下のような歌詞の軍歌「戦闘歌」になったのです。

歌詞はこちら。

”見渡せば 寄せて 来たる 敵の大軍 面白や

スハヤ闘い 始まるぞ イデヤ 人々攻め崩せ

弾丸こめて 打倒せ 敵の大軍 打ち崩せ”

日露戦争で使われていたそうです。

戦争の歌だったということにはビックリですね…。

 

赤い靴

赤い靴

「赤い靴」は哀し気な歌詞とメロディーが印象的な歌。

歌詞はこちら。

“赤い靴 はいてた 女の子
異人さんにつれられて 行っちゃった”

赤い靴には怖い秘密があり、人身売買の歌なのでは?!といわれておりますが、
こちらの歌にはしっかりモデルがいます。

この歌に出てくる「女の子」は1902年静岡県生まれの「岩崎きみ」さんという女の子。

きみさんの母親は再婚した男性の住む北海道にきみさんを連れて行きますが、
生きていくのにとても厳しい環境であったため、幸せに暮らして欲しいと思いアメリカ人宣教師夫妻の養女にすることに。

ここが「異人さんにつれられて 行っちゃった」の部分ですね。

しかし本当は海外には行っていなかったそうです。

なぜなら、きみさんは結核に侵されおり、
海外に行く前に、アメリカ人宣教師夫妻によって孤児院に預けられたままわずか9歳で亡くなったのです。

きみさんの母親はそれを知らず、
自分が死ぬまで娘は元気にアメリカで暮らしているのだと思っていました。

とても悲しい話ですね。

 




ずいずいずっころばし

こちらも遊び歌になっている童謡ですね。

歌詞がこちら。

“ずいずいずっころばし ごまみそずい
茶壺に追われて とっぴんしゃん”

小さいころから「え?この歌詞どういう意味なの?」と思っていた方もいると思います。

この歌の意味は胡麻味噌を摩っていると、お茶壺道中が来ると言う歌。

お茶壷道中とは権威の高いもので、幕府が将軍御用の宇治茶を茶壺に入れて運ぶ行事。

行列

茶壺が通行する際には、大名でも駕籠を降りなければならず、
街道沿いの村々には街道の掃除が命じられ、とても忙しかったと言います。

粗相のないようにかなり気を使わなければいけないので、
仕事で忙しい時に通られると町民はとてもピリピリしそうですね…。

なので、家の中に入り戸をピシャリと閉めて(=トッピンシャン)やり過ごそうという歌。

しかし、国語学者などの中には、この歌に性的な意味が含まれていると言う方もいるそうで、
「ずいずいずっころばし」、「ごまみそずい」、「俵のねずみが米食ってちゅう」も性的な意味があると言われています。

 

てるてる坊主

テルテル坊主

“てるてる坊主 てるぼうず アーシタ天気にしておくれ”

と、いうフレーズが印象的な童謡。

皆さんも雨の日はテルテル坊主を作って、明日晴れるようにいのりませんでしたか。
そんなテルテル坊主にも怖い話が。

テルテル坊主の歌詞ですが3番の歌詞になると、

“晴れずに曇ったら首をチョン切る”という恐ろしいフレーズが出てくるのです。

これは、お経を唱えて、雨がこれ以上降らないようにできるお坊さんを歌った歌なのだそう。

お坊さんは、お殿様の命令で雨がふらないようにお経を唱えましたが、
失敗していまい、その罰として首をはねられてしまったのです。

そのお坊さんのはねられた首を真っ白い布でくるみ吊るすと、
翌日はなんと嘘のように快晴になったというとてもこわいお話。

 

はないちもんめ

はないちもんめ

遊び歌として知られる「はないちもんめ」もとても怖い意味があります。

はないちもんめは花を買おうか悩んでいる女の子について歌った歌と言われますが、
都市伝説では『人身売買』を歌った歌なのではと言われております。

地方によって多少違いますが歌詞はこちら。

“勝ってうれしいはないちもんめ 負けてくやしいはないちもんめ

となりのおばさんちょっと来ておくれ

鬼がいるから行かれない

お釜かぶってちょっと来ておくれ

釜がないから行かれない

布団かぶってちょっと来ておくれ

布団破れて行かれない

あの子がほしい

あの子じゃわからん

この子がほしい

この子じゃわからん

相談しよう

そうしよう”

何だかもう歌詞が怖いですね…。

この歌が作られた江戸時代、飢餓が多く、
農作物が実らなければ、農民は生きるのも大変でした。

そこで生きるために自分の小さな娘を売ったそうです。
女の子のことを「花」と読んでおり、「いちもんめ」は江戸時代のお金の単位の一匁。

一匁は花が購入できるくらいの価値。
そう、女の子は花が買えるほど安くやり取りされていたんです…。

歌詞の中には「買って嬉しい、負けて悔しい」とありますが、
自分の小さな娘が安く売られたらとても悲しいという気持ちが隠されているようです。

「相談しよう、そうしよう」というフレーズもありますが、
ここには、生きるのに苦しくてもどうしても子どもを手放したくないという気持ちが隠されているんです。

なんだかとても悲しい話ですよね。

 

 

 

自分が子どもの頃に何気なく歌って遊んでいた童謡ですが、
こんなにも怖い秘密が隠されていたことに驚きを隠せません。

なんだか童謡のイメージが変わってしまいますね…。