政治・事件

中国・観覧車で子どもが宙づり状態に…親が料金をケチって子どもだけ乗せていたことが判明…

中国 観覧車

中国の遊園地で観覧車に乗っていた5歳の男の子が宙づりになるという事件が発生。

なんと原因は親が自分の料金をケチり、子どもだけ乗せてたからだといいます。

その詳細がこちら。

遊園地の観覧車で5歳児が宙づり状態に

とんでもない事件が中国で発生したようです。

26日の日中に、なんと遊園地の大型観覧車に乗った5歳児の子どもが身を乗り出し宙づり状態になっていたのです。

場所は中国の浙江省のテーマパーク。
観覧車の窓が少し開いており、5歳児の男の子はそこから身を乗り出していたところ、身体ごと落下したといいます。

コチラがその事件当時の様子。

窓枠に頭が挟まった状態で宙づりになっています。
頭が挟まっていなかったら、地面に落下し命は無かったのではないでしょうか。

しかし、頭が引っかかっている時点でかなり危ないですよね…。

男の子の頭が狭い場所に挟まっていたため、下まで落下はしなかったのですが、
この非常事態をみた周りの客は悲鳴をあげている状態。また従業員は下に降りてくるのを待ち子どもを救助しました。

その子どもは地面に降りた瞬間に安心して泣き叫んだ様子。

 

原因は母親が料金をケチったせいだった

そんな一部始終を誰よりも気が気じゃない状態で見ていたのが、この子の母親です。

当時、観覧車には子どもが一人だけで乗っていたのです。
普通5歳児だけが観覧車に乗車しないですよね…。

しかし、この子の母親は観覧車の料金(約490円)を節約するため、ケチって子どもだけ乗せていたというのです。
観覧車の従業員はもちろん「親も一緒に乗って欲しい」と何回か説得したようですが、母親は「子どもは1人で乗ることができる」としつこく迫り、
最終的に子どもを1人だけ観覧車に乗せたのです。

本当に信じられない母親ですね…。
普通子どもが一人で乗車したら危ない乗り物だとわかると思いますが。
子どもの危機よりも観覧車の料金(490円)を取るなんて恐ろしすぎます。

そんなお金をケチった結果が今回の不運な事故を招いてしまいました。

事故に遭った子どもは近くの病院に運ばれ、首に多少のあざが出来ているが大きな怪我はなかったそうです。
また、このテーマパークは2013年から運営を開始。現在は安全調査を理由に一時閉鎖された状態です。

 

ネットからの声

・こんな母親恥ずかしすぎる。頭おかしい。

・頭引っかかって本当によかったね。下手したら死んでただろ。

・子供の命より約500円を取る女

・この子もう観覧車トラウマだろ…

・従業員ももっとちゃんと止めないとだめだよ

・まぁ日本だったら乗車拒否するけどね

関連記事
中国のとあるテーマパークが危なすぎて話題に…これは酷い…