政治・事件

猫の目を無理矢理二重まぶたに整形した飼い主に批判殺到!動物愛護団体も動く事態に

猫 整形

飼い猫の目を二重に整形手術したとして、飼い主の女性に批判が殺到。

その痛々しい姿に動物愛護団体も動き出す事態に。

その驚くべき詳細がこちら。

飼い猫の目を二重に整形した女性

見ているだけで愛くるしい猫ですが、「可愛くない」と飼い猫の目を無理矢理整形手術をした女性が話題になっています。

中国のとある女性は飼っていた猫の目が醜いというそれだけの理由で二重まぶた手術を決行。
2月中旬にその女性は飼い猫を動物病院に連れて逝き二重まぶた手術を依頼しました。

そんな飼い主のエゴで整形手術をする獣医がいるのかと思ってしまいますが、
なんとその動物病院の獣医は女性の頼みを断らず、1万元(約16万円)で整形手術をしたそう。
お金のためならなんでもありなんですかね…

その獣医は猫のまぶたを二重にするために押さえつけメスでカットした様子。
猫はその痛みに耐え切れなく、沢山もがいていたといいます。

獣医は「中国で犬の整形手術は普通」と語る

手術後に撮影された猫の目は赤く腫れ上がり、縫い目がそのまま残っていました。
それがこちらの画像。

大変痛々しく、とても胸が痛くなってしまいます。
女性はこの写真をSNSに投稿したところ、ネットユーザーの間で炎上が湧き起こりました。

「愛情を注いでいる飼い猫にこのようなことをするなんてありえない」

「虐待もいいところ。飼い主のエゴで動物を苦しめるな」

「本当にありえない。猫の気持ちも考えられないなら飼うな」

「こんな飼い主に飼われてかわいそう」

そしてこの出来事に対し、世界の動物愛護団体PETAもコメントをしました。

「外見が気に入らないという理由で、動物の姿を人工的に変えてはいけない。
人には醜く見えても、それは動物の品種が持つ代表的な特徴だ」と代表者は怒りをあらわにしています。

しかし、驚くことに手術を担当した獣医は「中国では飼い犬の整形手術は普通だ」と発言。
中国では普通のことなのでしょうか…。なんだかとても悲しくなりますね。

動物に整形手術をするのは非常に危険な行為と言われています。

専門家は「メスを動物を突きつけるのは本当に危険だ。二重まぶた手術は麻酔と感染の問題まで抱えている」と警告もしています。
しかし、重要があるからビジネスになり、獣医も動物の整形手術を止めないのでしょう。

安易な考えでペットを飼う飼い主が増えれば増えるほど、今回の猫のような被害が増えてきます。
動物を飼うということに対して責任をしっかり持って欲しいですよね。

(引用:LATEST