芸能

反日アーティスト・防弾少年団(BTS)がホロコーストを軽視していたことが発覚…

BTS

原爆写真がプリントさてたTシャツを着用したとして批判殺到されている韓国アーティストの防弾少年団(BTS)。

なんとホロコーストまでもを軽視していたことが明らかになっています。

驚きのその写真はこちら…。

防弾少年団(BTS)のアーティスト生命が終わると話題に

先日、原爆Tシャツを着用し問題となった韓国アーティストの防弾少年団(BTS)。
原爆Tシャツ問題でミュージックステーションへの出演が出来なくなり、テレビ局まで動く事態となりました。
さらにBTS側がTシャツ着用の正当性を訴えることが不可能なのは明らかで、これまで彼らに興味を持っていなかった層にも強烈なアンチを生み出しました。

そんな問題になっているBTSですが、11月から東京、大阪、名古屋、福岡を巡る4大ドームツアーを開催する予定。
アメリカでも人気を博しており、現在はアメリカ6都市を含む欧米を回るワールドツアーの真っ最中です。

しかし、またもBTSが問題を起こし、今回はアーティスト生命の危機に面していると言われています。

BTSはコンサートにてナチス風の黒い衣装を着用し、これまたナチス旗を思わせるデザインの旗を振るという演出をしたそう。
さらに雑誌グラビアではナチスのカギ十字(ハーケンクロイツ)が付いた帽子を被っている写真も発掘されています。

これらの画像をユダヤ系の人権団体に告発する動きもあるそう。
しかし、これだけなら「知らなかった」で済まされそうですが、それ以前に彼らは重大なことをやらかしていたのです。

防弾少年団(BTS)がホロコーストを軽視?!

BTSの公式ツイッターでは2015年1月12日に、ベルリンで撮影した画像を掲載しています。
それはコンクリート製の石碑が2700基以上も並ぶ無機質な風景をバックに、メンバーが各々のポーズで撮影したもの。

その写真がこちら。

BTS BTS

しかしこの撮影場所が大問題となってしまいました。
実はここは公園などではなく、ナチスに大量虐殺されたユダヤ人犠牲者のための『ホロコースト記念碑』だったのです。

同記念碑ではホロコーストに関連した内容の撮影のみが許諾されるとのことで、単なるアーティスト写真の背景として使用されるのは決してあってはならないことです。
BTS側ではすぐに画像を削除しましたが、ナチス風衣装の着用ともあいまって、BTSがナチスやホロコーストに関していかに無理解なのかを露呈する結果となってしまいました。

ネットからの声

少なくとも日本での活動はもう無理

歴史歴史うるさいくせに歴史知らないのな

これからこいつらがどんな言い訳をしてくるか見ものだなw

これは終わったな。
まあ、世界で受け入れてくれるとこで頑張ればええよ。

コイツら終わったな。ユダヤ団体を敵にしたらエンタメの世界では
生きていけない。

単に日本が嫌いってだけにしときゃいいものをどんどん墓穴掘ってくというw

原爆のTシャツも驚きましたが、ここまで歴史に関して無知だとはびっくりです…

国際的なアーティストならばしっかりと自分たちのしでかしたことを自覚してほしいですね…。

関連記事
韓国アイドル・防弾少年団が「原爆きのこ雲で韓国万歳!」と書かれた反日Tシャツを着て批判殺到…