エンタメ

生まれてきた赤ちゃんが握っていたものにビックリ!!まさに1%の奇跡!!

赤ちゃん

なんと生まれたての赤ちゃんが、

「あるもの」を持って生まれてきたと話題に!

たった1%の奇跡に驚いてしまいます…。

避妊をしていた夫婦

ルーシー・へレインさんは2児のお母さん。
夫と話し合い、子作りを終えようと決めました。

ルーシーさんが選んだ避妊方法は体内に装着するIUD(子宮内避妊器具)。
子宮内でホルモンを放出し避妊効果を発揮するものです。

赤ちゃん

産婦人科医の説明によると、IUDは5〜10年は効果が続くこと
避妊成功率は99%になるとのことでした。

そんなルーシー夫妻の元に1%の奇跡が起きたのです。

避妊したのにまさかの妊娠!

避妊具をつけてわずか4ヶ月後のこと。
ルーシーさんは体調の変化を訴えます。

「もしかして…」と調べてみると、
なんとルーシーさんが妊娠していることが発覚したのです。

夫婦は予想外の妊娠に驚いたそうです。
ルーシーさんはこのように語っております。

「検査を受けにいったときは数週間目だと思っていたのですが、
すでに18週目に入っていることがわかりました。

それと超音波でいくら調べても
私のミレーナ(ホルモンタイプの子宮内避妊器具の名称)
が見つからなかったんです。

担当医には何らかの理由で子宮から出てしまったのでないかと言われましたが、
その見解に私は納得していませんでした。」

そんなルーシーさんの元にやってきた赤ちゃんが、
信じられないものを握っていたのです。

生まれたばかりの赤ちゃんが握っていたものとは?

ルーシーさん夫婦にとってサプライズベビーとなった赤ちゃんは
デックスター・タイラーと名付けられ、帝王切開によって生まれました。

しかし、生まれてきたデックスター君をよ~く見てみると、
信じられないものを握っていたのです。

驚くことにデックスター君はルーシーさんが子宮内に入れていた避妊具を握っていたのです!!

この出来事はFacebookで話題になり7万回を超えるシェアをされました。

ずっとそばにあった避妊具をしっかりと握っているデックスター君。

ルーシーさんはこのように語っています。

「デックスターは生まれるべくして生まれてきたのだと思っています。

予定日は5月4日でしたが、医師からも『この子には勢いがある』と言われていました。

予定した妊娠ではありませんでしたが、家族はもちろん幸せな気持ちで一杯です」

ルーシーは、デックスターを帝王切開で出産するときに
同時に卵管結紮術を受けて避妊対策にしました。

予想外の妊娠・出産となりましたが、
ルーシーさん家族は心から新しい家族を喜んでいるそうです。

なんともビックリな出来事。
人生は何があるか分かりませんね…。