芸能

アヴリル・ラヴィーンの現在!死亡説が流れたほど顔が激変していた…。

アヴリル・ラヴィーン

かつて日本でも大人気であった歌手のアヴリル・ラヴィーン。

現在の姿が激変し過ぎだと話題に。

死亡説が流れたほどの変わり様とは?!

アヴリル・ラヴィーンの現在とは?!

アヴリル・ラヴィーン 現在

かつて日本中の女子たちを虜にした、カナダ生まれのロックスター歌手・アヴリル・ラヴィーン。

しかし、最近は全くといっていいほどメディアに姿を現しませんね…。
一体現在は何をしているのでしょうか?

目の周りを囲んだアイラインとピンクのメッシュ、ギターを片手にずば抜けた歌唱力を見せ付けたアヴリル・ラヴィーンは、
日本はもちろん世界でも大変人気に。

2002年リリースのデビューアルバム『Let Go』は全世界で約2000万枚を売り上げ、アメリカでは6度もプラチナディスクに選ばれたのです。
その後リリースしたアルバム2枚もビルボードで1位にランキング入り。

2007年にフォーブス誌は彼女を「25歳以下の最も稼ぐ人物」の8位にランクし、その年収は1200万ドル(約12億円)と記載しています。
しかし2013年から目立った活動をしなくなってしまったアヴリル。

まったくメディアに登場しなかったので、死亡説が流れるほどでした。
そんな彼女が2018年にやっとメディアに出てきたのです。

5年ぶりに現れた彼女の変貌ぶりにネットは騒然となっていました。
その姿がこちら。

アヴリル・ラヴィーン 現在

驚くことに、かつてのパンキッシュなスタイルはどこにもなく、まさに「大人の女性」へ成長していたのです。
この変わりようは驚いてしまいますね。

メイクも全く変えて、すこしふっくらしていて健康的に見えます。
それもそのはず、アヴリルさんってもう34歳なんですね!そりゃあ、落ち着くはずです。

しかし、5年の間にアヴリル・ラヴィーンさんに一体何があったのでしょうか?

アヴリル・ラヴィーンはライム病で闘病生活を送っていた

アヴリル・ラヴィーン 現在

2013年から表舞台にはすっかり姿を現さなくなったアヴリル・ラヴィーン。
彼女の位置にはテイラー・スウィフトやアリアナ・グランデなど、新しい歌手が続々と入ってきています。

外国人からもネットでは「アヴリル・ラヴィーンっていたね!懐かしい!」と言われるほど。
もうすっかりアヴリルブームは去ってしまっていたようですね。

一体どうしていきなり表舞台から消えたのか。
実はアヴリル・ラヴィーンは「ライム病」という難病を患っていたのです。

ライム病とはマダニによって媒介される細菌の感染症。
症状としては筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感などのインフルエンザのような症状が現れるというなんとも過酷な病気。
そんな病気と5年間も向き合っていたとは…。

現在はライム病の症状はだいぶ落ち着いているそうで、闘病中の状況をアヴリル・ラヴィーンはこのように語っています。

「ここ数年間はイベントに参加することすらままならならなかった。

まるで冬眠するみたいにベッドで寝込んで、回復に専念していたの。いい時もあれば悪い時もあった。
でも、そういった経験を乗り越えたら、すべてが明るく見えるようになったの。

シンプルな物事こそが人生において最も大切なことなのだということを学んだの」

アヴリル・ラヴィーンは闘病を通して人生観が変わったと話しました。
また、あまりにも長く新作を発表していないことで不安や不満に思っているファンがいることも認識しているようで、

「『新作は一体どうなってるの? 』と思っているファンがいるのも分かってる。
でも、私は今自分にできる全てのことをやっています。

次回の新作アルバムは、ちゃんとパーフェクトな状態で世に送り出したい。
私がこの作品にかけたすべての時間と努力はきっと報われるはず」

と語っています。

アヴリル・ラヴィーンさんの新しいアルバムはなんと2018年発表!
ファンは待ちに待ったことでしょう。闘病生活を経て、人生観の変わったアヴリル・ラヴィーン。
新しい一面をまた魅せてくれるのではないでしょうか。

関連記事
アリアナ・グランデのタトゥーがダサ過ぎて話題にwww