お役立ち

頭の悪い人の特徴が判明!学習能力のない人の6つの特徴

働いていると、仕事が出来る人と、出来ない人の2パターンに分けられてしまいます。

仕事が出来る人は頭の回転が速く、話していても面白い人が多いです。

今回は、その逆「頭の悪い人」の特徴について紹介していきます。

「学習能力が無い人」認定されてしまう6つの特徴

皆さん、出来ることなら、「この人は賢いなあ。」と認められたいものですよね。
しかし、残念ながら、「学習能力ないなあ。」とがっかりされてしまう人もいます。

では、この学習能力が無い認定されてしまった人には、どのような特徴があるのでしょうか。
今回は、働く女性の皆さんに学習能力が無い人の特徴について聞いてみました。

 

①分からないことがあると何でも人に聞く

皆さんの周りには、自分より知識も経験も豊富な人がたくさんいますよね。
なにか分からないことやトラブルがあった時、分かる人に聞いた方が迅速に解決出来ると思う人もいるでしょう。

しかし、聞かれている立場からすると、何かある度に聞いてくるのは疲れてしまいますし、自分ではかんがえられないのか、とうんざりしてしまうのです。

②知ったかぶりをする

自分の持っている知識をひけらかす人は周りにいい印象をあまり与えません。
しかし、それが知らないのに知ったかぶりをしていて間違っているということになれば、さらに印象が悪いですよね。

自分を大きく見せることはよくありません。

 

③すぐにバレてしまう嘘をつく

「嘘も方便」と言いますが、つじつまの合ってないバレバレの嘘をつくのでは、全く意味がありません。
すぐにバレるような嘘をついて堂々としている人は、嘘に気付いている人から気の毒に思われているでしょうね。

 

④同じミスを繰り返す

まさに、学習能力がないと言われる人の典型ですよね。仕事の現場で同じミスを繰り返しているようでは、覚えようという意欲を欠いていると思われても仕方ありません。
1度ミスしたことは、次におなじ ミスをしないようにメモを取っておく等工夫しなければいけません。

 

⑤聞いた話だけで物ごとを判断する

人が聞いた話は、話している人の主観等も入っていますし、伝えたい事がそのまま伝わっているとは限りません。
そんな全てが真実かどうか分からないような情報を鵜呑みにするのはよくありません。

ましてや人から聞いた話で物事や人を判断するのは、頭が悪い人がやることと思われても仕方ありません。

 

⑥後先考えずに行動する

行き当たりばったりで行動したり、見切り発車で行動すると、予想もしていないようなトラブルが発生することがよくあります。
しっかり、「これをやったらどうなるか」という予測をたてたり、いくつかのアプローチ法を考えた上で最も効率がよいものを選んだりと、事前に計画を立てることは大切です。

学習能力がないと思われる人にはいくつか特徴があるようですね。
自分が今回挙げたようなことをしていないか今一度確認してみてくださいね。