政治・事件

朝日新聞の止まらない印象操作!加計学園理事長に「会っていない証拠を出せ」と意味不明な要求をする…

先日、加計学園の加計孝太郎理事長が岡山理科大獣医学部で記者会見を開きました。

その中でも朝日新聞は何がなんでも「安倍総理と会った」と言わせようと必死すぎると話題に。

驚きのその内容がこちら。

記者が加計学園理事長に無理矢理「会った」と言わせようとする

10月7日、加計学園の加計孝太郎理事長は記者会見を開き、記者からの質問に答えました。
国民の印象的にはすっかり風化し、みな忘れている様子ですが、朝日新聞の記者がしつこすぎると話題に。

会見の中で話題になっているのがこちらのシーン。
加計孝太郎理事長が加計学園を優遇してもらうべく安倍総理と2月25日に面会したかどうか追求したのです。

記者は「2015年2月25日に安倍総理と会ったのか」に執拗にこだわり、加計孝太郎理事長「会った可能性がある」と言わせようと必死。
しかし、加計孝太郎理事長は証明はできないと困惑気味。

それもそのはず、3年前の2月25日に何をしていたのか即答で自信をもって答えられる人なんていないはず。
むしろこの記者は3年前の特定の日に誰と会ったのかなんて覚えているのでしょうか。質問がひどすぎますね。

加計孝太郎理事長と安倍総理は学生時代からの友人であり昔から度々会っていました。
また、電話でも連絡はとることはできたわけで、加計学園の優遇をお願いしようとすればいつでもできたはず。
加計孝太郎理事長が会っていないと答えたら答えたで「それならば電話したのだろう」と言いだしそうな雰囲気です。

揚げ足取りもいいとこですね…。

止まらない朝日新聞の印象操作

後日、この会見について朝日新聞は福田剛県議の意見を作為的に選んで紹介したと話題になっています。

説明責任を果たすよう求める決議を7月に全会一致で採択した愛媛県議会。

福田剛県議は「県側は県文書という物証を出したのだから、学園側も物証を示して反論する必要がある。『記憶がない』『記録がない』では信用性は高まらない」と述べた。

中村時広知事も加計氏に再び会見を開くよう求めてきた。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASLB75GK3LB7PTIL00G.html

数ある会見に対する意見でわざわざこれを選ぶのはまさに印象操作。
会った証拠が無いので必死に「会っていない証拠を出せ」と迫る朝日新聞。

そもそも推定無罪の原則に則れば、加計孝太郎理事長が安倍総理と結託して不正を犯したという証拠は何もないのです。
追及側が証拠を提示すべき場面で、相手にやっていない証拠を要求するって意味不明すぎますよね。

ネットからの声

朝日は追求するにしてももう少しマシな話の持って行き方思いつかんのかな…。

記録がないから会ってないも因果関係的におかしいと思います(笑)

もともと、会っていてもおかしくない問題。
政治家に陳述に行くの当たり前では?

馬鹿か、馬鹿なんだな朝日新聞

疑惑をかけられたほうが証拠を出さんといかん近年の風潮、おかしいやろ! まずは疑惑を無理やりかけたほうが確かな証拠を出してこいや!

朝日新聞が証拠を出せばいい
出せないだろうけど

関連記事
オックスフォード大学の研究所が衝撃発表!!「朝日新聞は最も信用されていない」wwww