エンタメ

ダイエットで1日リンゴ3個だけの生活を続けた18歳モデル。彼女を待ち受けていた結末とは…。

一見華やかに見えるモデル業界ですが、モデルたちは陰で並々ならぬ努力をしているようです。

今回紹介するのは18歳のヴィクトワール・マソン・ドーセールさん。

フランスで高校生をしていた彼女は、

ふと出かけたショッピングモールでモデルのスカウトを受けたのです。

ヴィクトワールさん

思ってもみなかった出来事に驚いたヴィクトワールさん。

彼女は名門のパリ政治学院への進学を考えていましたが、華やかなモデル業界へ行ってみたいと思い即座に進路を変更。

有名なモデル事務所でモデルとして所属することが決まったのです。

かなりシビアなモデル業界

ヴィクトワール

モデル業界はヴィクトワールさんが考えていたほど華やかなものではありませんでした。

むしろかなりシビアな世界。

ヴィクトワールさんは当時のことをこう語っています。

「誰からも『減量しなさい』とは言われていません。

ただ、『9月にはファッションウィークにデビューすることが決まった。サイズは32~34(日本の5~7号)

だから、それが着られないと困る』と言われました。」

 

当時のヴィクトワールさんは身長178センチで56キロ。

身長の割には痩せている方ですよね。

 

そんな彼女でも更なる減量を求められたようです。

ヴィクトワールさんは何とか痩せようと、1日にリンゴを3つしか食べませんでした。

お腹がすいたらスパークリングウォーターでお腹を膨らますだけ。

週に1度だけ魚か肉を食べたようですが、この生活を8か月も続けて9キロ減量したようです。

 

痩せてトップモデルに上り詰めたヴィクトワール

ヴィクトワール
小さなサイズの服を着られるようになったヴィクトワールさんはパリ、ミラノ、ニューヨークで、

オートクチュールのショーの仕事をするようになり、アレキサンダー・マックイーンやMiu Miuなどのトップブランドのモデルに起用されました。

彼女はトップモデルの一人になっていたのです。

 

一見華やかなトップモデルの話に見えますが、その裏では悲惨な事態が。

なんとヴィクトワールさんは拒食症になってしまったのです。

 

脈が弱くなり、髪の毛はごっそりと抜け落ちる。

生理も止まってしまい骨粗しょう症にもなったようです。

ショーの途中で何度も気を失いそうになることも。

 

しかし、やっとの思いで手にしたトップモデルの座を彼女はガリガリに痩せこけた身体で守り続けます。

写真修正は普通痩せさせたりするために加工するのですが、彼女の場合は逆に太らせる加工をしていたようです。

ヴィクトワール

カメラの前や人前では軽く食事をしていましたが、裏では必ず吐いていたそう。

そして日々弱々しくなっていく身体に鞭を打って、トップモデルとしてのプレッシャーと戦う日々が続きました。

 

そんな過酷な日々を過ごすうちに、メンタルはボロボロに。

ヴィクトワールさんはこう語っています。

「誰も理解してくれませんでした。

みんなからは『夢のような生活を手にいれたのに』と言われたけれど、私はそのとき人生で一番惨めでした」

 

ヴィクトワールさんはその後、モデルを引退しました。

 

モデルとして痩せすぎた彼女が出した声明とは

 

ヴィクトワールさんは23歳になった時に、「どんなに痩せても痩せ足りない―あるトップモデルの日記(原題、Jamais assez maigre: Journal d’un top model)」を出版。

モデル業界の闇を暴露しました。

 

ヴィクトワールさんはこのように語っています。

モデルなんて、服のハンガー以外の何物でもないんです。

1980年代のエリートモデルは、血の通った人間でしたが、

今では、ブランド名より目立ってはいけないんです。」

モデル業界がいかに過酷なところかがわかる一文ですね。

 

細身のモデルを禁止する法案が可決される

ヴィクトワール

ヴィクトワールさんがこの暴露本を出版する1ヵ月前に、

フランスの議会で、極端に痩せる細身のモデルを禁止する法案が可決されました。

議場でヴィクトワールさんの手紙が読まれ賛成票を多く獲得したようです。

モデル業界にメスを入れたヴィクトワールさんの行動力は敬服に値しますね。

ヴィクトワールさんは現在、体調も戻り、健康的な体型に。

現在は女優業にチャレンジしているようです。

 

モデル=痩せているというイメージですが、見方を変えれば極端に痩せているのは不健康だともいえますね。

一流ブランドではまだまだ小さなサイズ展開しかしていないようですが、

健康体が一番美しいということを理解して、様々なサイズの服をデザインしてもらいたいですね。

出典:サプライズ

mediagroove