News

玄関ベルを3時間も舐め回した男が逮捕ww映像がヤバすぎるww

アメリカ

アメリカのカリフォルニア州で衝撃的事件が発生!!

不審者の男が玄関のベルを3時間舐め続ける?!

意味不明な映像にネット民驚愕w w w w

玄関のベルを執拗に舐め続けた不審者の男が発見される

数ある不審者の中でも、その行動の意図や目的がわからないタイプは特に恐怖です。

アメリカはカリフォルニア州・サリナスのとある家に訪れた不審者の男は

世の中の不審者の中でも特にその行動が奇怪でした……。

話題となったのはこの動画に映っている男。

見た目こそ普通であるもののその行動は異常でした。

2018年の大晦日、シルビア・ドンカン氏の自宅の監視カメラで撮影されたこの男は玄関ドアの前に来るやいなや、なんと自身の舌を使ってドアホンを舐め回したではありませんか。

まるで蛇のごとく、舌でペロペロとドアホンの一点を集中的に舐め続け、合計でおよそ3時間も行為に及んでいたとのことです。

 

この男はドアホンを舐めた後、満足したのか立ちションをして、さらに延長コードを庭へ移動させてから去ったようです。

終始一貫して意味不明ですね……。

 

このときシルビア夫婦は外出中。お子さんたちは家で眠っていたそうです。

大晦日の夜にこんなことしているのはこの男ぐらいです……。

 

ベルを舌で舐めずる男の判明に家主は・・・

 

大晦日の夜に自宅のドアホンを3時間舐め続けられる……。この事件が発覚すると、家主のシルビア氏は衝撃を受けたとコメントしました。

 

アメリカ

シルビア氏は事件を受けて、

「なんだか笑ってしまう一件でした。この不審者の男は誰も傷つけていないし壊してもいない。そして私たちは何も怖い思いもしていない。でも今回のことで自宅のセキュリティがいかに大切か思い知ったわ」

と語りました。

 

一方で、この不審者の男の身分はというと、監視カメラに映された鮮明な映像から、サリナス警察が間も無くして情報を特定。

犯人の名前はロベルト・ダニエル・アロヨ(33)とのことです。

 

サリナス警察の広報担当はこの件について「防犯カメラの映像が鮮明だったおかげで犯人特定が速やかに済んだ」と語っています。

 

動画を観たネット民から驚愕の声が寄せられる

 

他人の家のドアホンを舐め続けた男の奇怪な行為にネット民も衝撃。

「気持ち悪ッ!!!!」

「アメリカの変態ってヤベーわ・・・」

「もしかしてドアホンに欲情してる??」

「俺は一体なんの映像を見ているんだ……?」

ロベルト容疑者は少なくとも軽犯罪に問われる可能性があるとのことで、警察も行方を捜査しているようです。

そういうプレイなのか、それとも頭がどうにかしてる人なのか……。しばらくこの映像が頭から離れそうにありませんねw